エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.408

ファンレス世界初のソフト制御が面白い。“顔の見える”無音電源、ENERMAX「Digifanless 550W」

2015.04.17 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

フルモジュラーのケーブルはすべてがスリーブ仕様

続いては、フルモジュラータイプの付属ケーブルたちをチェック。すべてがスリーブケーブルなため、ケース内の取り回しはすこぶる良好だ

ケーブルレイアウトの美しさはマシンを“魅せる”重要な要素だけに、ディープな自作ユーザーの中には電源ケーブルのスリーブ化に挑戦する猛者も少なくなかった。見た目のよさに加えて取り回しも容易であり、エアフローの効率化にも繋がるなどメリットは多い。その点で「Digifanless 550W」のケーブルは標準でスリーブケーブルを採用するため、ケーブル加工の手間も無用。ユーザーにとっては嬉しい仕様といえる。

一体化しているATX24pinとCPU用の4+4pin。電源ユニット側はそもそもコネクタ形状が異なるため、接続の際もマニュアルなどを参照する必要がない
2本で合計4系統を備えるPCI-Express補助電源。SLIやCrossFireXなどのマルチGPU環境も構築可能だ SATA電源ケーブルは2本で合計8系統、ペリフェラル電源ケーブルは1本で4系統を備える
リアルタイムモニター・制御のための「ZDPMS」ケーブル。マザーボードのUSB2.0ピンヘッダに接続し、ソフトウェア制御を可能にする
主電源ケーブルももちろん付属。さらに万が一のケーブル脱落を物理的に防ぐ金具も同梱されている

totop