エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.408

ファンレス世界初のソフト制御が面白い。“顔の見える”無音電源、ENERMAX「Digifanless 550W」

2015.04.17 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 システムを構成する最重要パーツの一角である電源ユニットに、もうすぐ注目のモデルが発売される。今回のエルミタ的速攻撮って出しレビューの主役は、ENERMAX(本社:台湾)が国内市場に投入する80PLUS PLATINUM認証の新型電源ユニット「Digifanless 550W」(型番:EDF550AWN)。各種パーツの省電力・低発熱化の潮流にも合うファンレス仕様で、さらにソフトウェア制御にも対応するという最先端のデジタル電源だ。
ENERMAX「Digifanless 550W」(型番:EDF550AWN)
市場想定売価税抜30,370円
製品情報(ENERMAX

デジタル制御に対応した世界初のファンレス電源

電源ユニット製造の老舗ブランドであるENERMAXは、1990年の創業から今年で25周年を迎える。その節目の年にデビューさせた最新モデルが、今回取り上げる「Digifanless 550W」だ。騒音ゼロを実現するファンレス仕様で、容量は同様の製品としては現行最大級となる550W。CPUやグラフィックスカードなどの主要パーツが格段に省電力化したこともあり、メインマシンの心臓としても申し分ない。最大効率93%を誇る80PLUS PLATINUM認証取得の高効率モデルのため、発熱量も低く実用性はハイレベルにまとめられている。

ファンレス電源である以外に、フルデジタル仕様によるリアルタイムモニター・制御機能もトピック。専用ケーブルでマザーボードに接続、ソフトウェアからの設定にも対応する

そして本製品を最も特徴付けているのが、フルデジタル制御を生かしたリアルタイムのモニタリング・制御機能「Zero Delay Power Monitor System」(ZDPMS)だ。ユニット背面の専用ポートとマザーボードのUSBピンヘッダとを接続することで、OS上からソフトウェアでその動作を視覚化。さらに+12Vのレール切り替えや電圧調整、アラームなどの設定を可能にしている。ファンレス仕様の電源ユニットとしては世界初の機能であり、「Digifanless 550W」は際立った2つの特徴を併せ持っているというワケだ。

扱いやすさと信頼性も一級品な「Digifanless 550W」

フルモジュラー仕様を採用する、80PLUS PLATINUM認証取得の電源ユニット「Digifanless 550W」。高品位コンポーネントを搭載し、常時稼働も可能な高い信頼性を発揮する

「Digifanless 550W」のケーブルタイプは、すべてを着脱式としたフルモジュラータイプ。スリーブケーブルの採用と相まって取り回しは良好で、内部に余裕のないケースでもエアフロー効率を最大限に確保できる。
 さらに高品位MOSFETや特許取得の銅ブリッジアレイ(Copper-Bridge Array Transmission)、105℃対応の日本製コンデンサなどのコンポーネントを贅沢に使用。周辺温度40℃の状態で24時間365日の連続駆動に耐えられるという、きわめて高い信頼性を実現した。5年間という長期のメーカー保証期間もその耐久性を証明するものだ。

なお保護回路は、過電圧保護(OVP)、低電圧保護(UVP)、過電流保護(OCP)、短絡保護(SCP)、過負荷保護(OPP)、サージ保護(SIP)に対応。ピーク時電源容量も605Wの余裕を確保している。

やや控えめながら、パッケージからも「Digifanless 550W」がファンレス仕様であることが見て取れる
裏面では専用ケーブルを接続してのソフトウェア制御もアピール。なお、内部には製品のほか「ZDPMS」ソフトのマニュアルも同梱されている


totop