エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
GIGABYTEコンパクトゲーミングベアのパーツセットがお買い得【ソフマップリユース総合館】
スマホやタブレットの除菌と抗菌サービスを無料(セルフサービス)で実施中【ドスパラ パーツ館】
日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す
子供部屋にもぴったりな収納BOXがいろいろ安い【テクノハウス東映】
6月27日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
Thermaltakeの人気PCケース「Core」「Suppressor」シリーズに強化ガラスモデル登場
SENSE∞、Kaby Lake版NUCベースのニコ生・YouTuber向け小型デスクトップPC計3モデル
Lexarブランド廃止へ。Micron、Lexarのリムーバブルストレージ事業廃止または売却を発表
4K/60HzのHDMI信号に対応するPC切替器、ラトック「REX-250UHD-4K」
エレコム、ヘッドホン・イヤホンいらずの一体型VRゴーグル「P-VRGEH01」シリーズを発売

HOTNEWS
● 日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す
● サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
3サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
4ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
5転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界

Home > レビュー > 撮って出し
ファンレス世界初のソフト制御が面白い。“顔の見える”無音電源、ENERMAX「Digifanless 550W」
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.408

ファンレス世界初のソフト制御が面白い。“顔の見える”無音電源、ENERMAX「Digifanless 550W」


2015年4月17日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 システムを構成する最重要パーツの一角である電源ユニットに、もうすぐ注目のモデルが発売される。今回のエルミタ的速攻撮って出しレビューの主役は、ENERMAX(本社:台湾)が国内市場に投入する80PLUS PLATINUM認証の新型電源ユニット「Digifanless 550W」(型番:EDF550AWN)。各種パーツの省電力・低発熱化の潮流にも合うファンレス仕様で、さらにソフトウェア制御にも対応するという最先端のデジタル電源だ。
ENERMAX「Digifanless 550W」(型番:EDF550AWN)
市場想定売価税抜30,370円
製品情報(ENERMAX

デジタル制御に対応した世界初のファンレス電源

電源ユニット製造の老舗ブランドであるENERMAXは、1990年の創業から今年で25周年を迎える。その節目の年にデビューさせた最新モデルが、今回取り上げる「Digifanless 550W」だ。騒音ゼロを実現するファンレス仕様で、容量は同様の製品としては現行最大級となる550W。CPUやグラフィックスカードなどの主要パーツが格段に省電力化したこともあり、メインマシンの心臓としても申し分ない。最大効率93%を誇る80PLUS PLATINUM認証取得の高効率モデルのため、発熱量も低く実用性はハイレベルにまとめられている。

ファンレス電源である以外に、フルデジタル仕様によるリアルタイムモニター・制御機能もトピック。専用ケーブルでマザーボードに接続、ソフトウェアからの設定にも対応する

そして本製品を最も特徴付けているのが、フルデジタル制御を生かしたリアルタイムのモニタリング・制御機能「Zero Delay Power Monitor System」(ZDPMS)だ。ユニット背面の専用ポートとマザーボードのUSBピンヘッダとを接続することで、OS上からソフトウェアでその動作を視覚化。さらに+12Vのレール切り替えや電圧調整、アラームなどの設定を可能にしている。ファンレス仕様の電源ユニットとしては世界初の機能であり、「Digifanless 550W」は際立った2つの特徴を併せ持っているというワケだ。

扱いやすさと信頼性も一級品な「Digifanless 550W」

フルモジュラー仕様を採用する、80PLUS PLATINUM認証取得の電源ユニット「Digifanless 550W」。高品位コンポーネントを搭載し、常時稼働も可能な高い信頼性を発揮する

「Digifanless 550W」のケーブルタイプは、すべてを着脱式としたフルモジュラータイプ。スリーブケーブルの採用と相まって取り回しは良好で、内部に余裕のないケースでもエアフロー効率を最大限に確保できる。
 さらに高品位MOSFETや特許取得の銅ブリッジアレイ(Copper-Bridge Array Transmission)、105℃対応の日本製コンデンサなどのコンポーネントを贅沢に使用。周辺温度40℃の状態で24時間365日の連続駆動に耐えられるという、きわめて高い信頼性を実現した。5年間という長期のメーカー保証期間もその耐久性を証明するものだ。

なお保護回路は、過電圧保護(OVP)、低電圧保護(UVP)、過電流保護(OCP)、短絡保護(SCP)、過負荷保護(OPP)、サージ保護(SIP)に対応。ピーク時電源容量も605Wの余裕を確保している。

やや控えめながら、パッケージからも「Digifanless 550W」がファンレス仕様であることが見て取れる
裏面では専用ケーブルを接続してのソフトウェア制御もアピール。なお、内部には製品のほか「ZDPMS」ソフトのマニュアルも同梱されている


次は...  無音で動作する風通し抜群なボディ

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us