エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.407

GIGABYTE「GeForce GTX 960」搭載モデルの最高峰!!「GV-N960G1 GAMING-4GD」

2015.04.14 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 第2世代Maxwellアーキテクチャを採用し、2015年1月末のデビュー以来、大人気となっているNVIDIAのミドルレンジGPU「GeForce GTX 960」。良好なワットパフォーマンスと魅力的なセミファンレス動作に対抗できるAMD GPUが不在なだけに、各社最も力を入れており、定番のオーバークロックモデルからMini-ITXサイズのボード長170mmクラスのモデル、メモリ容量を4GBに向上したモデルまで多数ラインアップされている。
 今回はその中から、GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)の最上位「GV-N960G1 GAMING-4GD」を取り上げることにした。3連ファンを備えるオリジナル大型クーラー「WINDFORCE 3X」や安定した電力供給を実現する独自設計基板など、ハイエンドGPUモデルと同様、細部までこだわったそのポイントを総チェックしていきたい。
GIGABYTE「GV-N960G1 GAMING-4GD」 実売価格39,000円前後
製品情報(GIGABYTE TECHNOLOGY

ファンレスも高負荷ゲーミングも安心の「GV-N960G1 GAMING-4GD」

GIGABYTEのGeForce GTX 960シリーズは、ボード長170mmのコンパクトサイズを実現した「GV-N960IXOC-2GD」や、手ごろな価格帯ながらデュアルファンクーラー「WINDFORCE 2X」を備え、オーバークロック、計6基の出力インターフェース、独自基板と魅力満載の「GV-N960WF2OC」(2GB/4GBモデルが存在)、そして最上位に位置付けられる、今回の主役「GV-N960G1 GAMING-4GD」(2GBモデル「GV-N960G1 GAMING-2GD」も存在)の充実したラインナップが揃っている。

小型ゲーミングPC自作にベストなボード長170mmの「GV-N960IXOC-2GD」。実売価格は28,000円前後 オリジナルVGAクーラー「WINDFORCE 2X」や独自設計基板、6フェーズの電源回路などを採用した4GB仕様の「GV-N960WF2OC-4GD」(実売価格37,000円前後)。2GBメモリ仕様の「GV-N960WF2OC-2GD-GA」は、実売価格27,000円前後とお手ごろ
GeForce GTX 960搭載グラフィックスカードの中でもトップクラスの出力端子数となるGIGABYTE製品(「GV-N960WF2OC」ならびに「GV-N960G1 GAMING」)

メモリ容量が2GBから4GBに増量された「GV-N960G1 GAMING-4GD」は、GPUベースクロック1,241MHz、ブーストクロック1,304MHzにクロックアップされている点や3連ファン搭載の大型クーラー「WINDFORCE 3X」の採用といった基本スペックは、メモリ2GBモデルの「GV-N960G1 GAMING-2GD」と同じだが、補助電源が6pin×2基→6pin+8pin構成に強化。長時間の高負荷ゲーミングやクロックアップ動作の安定度が、より高められているのもポイントだろう。

そんな「GV-N960G1 GAMING-4GD」の気になるポイントごとに、徹底紹介&テストしていこう。

totop