エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
iiyamaPC「STYLE∞」、GTX 980MとG-SYNC対応の17型フルHDノート計5モデル発売
自然な角度で手首や指が疲れにくい、サンワの無線エルゴマウス「MA-ERGW8」が発売開始
フルバランス対応のデジタルPWMアンプ、WaversaSystemsJAPAN 「WMiniAMP」
エレコム、ハードウェア暗号化&パスワード認証対応のセキュアな外付けHDD 2製品を発売
AMD、1TB SSDを搭載するPolarisベースのプロ向けVGA「Radeon Pro SSG」発表
高級スマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」、iOS&Android対応のスポーツモデルが登場
最大6,000MB/s超え。高速RAIDを構築できるSATA拡張カード、Highpoint「RocketRAID 840A」
M.2標準のエントリーゲーミングMicroATX、MSI「B150M/H110M GRENADE」
MSI、「TWIN FROZR VI」装備のOC版Radeon RX 480「RX 480 GAMING X 8G」を8月に発売
演算性能12TFLOPS。Pascal採用のワークステーション向けVGA、NVIDIA「Quadro P6000/P5000」

HOTNEWS
● 遊び心と堅実さがミックスされた、BIOSTARのオモシロイ廉価マザー「H170GT3」
● これで全てが分かる。In Win「303」徹底解説
● 狙いは空冷最上位。Cooler Master「MasterAir Maker 8」を試す
● 3プッシュで会計完了。iPhoneと使うコミケのためのレジ「レジプラ」で遊んでみた
● スペースキーに多機能タッチセンサーが融合した、異色のメカニカルキーボード「POSEIDON Z Touch」を試す


1狙いは空冷最上位。Cooler Master「MasterAir Maker 8」を試す
2これで全てが分かる。In Win「303」徹底解説
3遊び心と堅実さがミックスされた、BIOSTARのオモシロイ廉価マザー「H170GT3」
43プッシュで会計完了。iPhoneと使うコミケのためのレジ「レジプラ」で遊んでみた
5これで全てが分かる。Fractal Design「Define R5」徹底解説

Home > レビュー > 一点突破
ジェスチャー自在!ガラスのガジェットキーボード、Bastron「Ultra Slim Touch Keyboard」を遊ぶ
絵踏一のKeyboard一点突破 Vol.5

ジェスチャー自在!ガラスのガジェットキーボード、Bastron「Ultra Slim Touch Keyboard」を遊ぶ


2015年1月19日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 最後にお送りしたのはいつ以来だろうか。ずいぶんご無沙汰になっていたキーボードレビューだが、このほど久しぶりにマニア心をくすぐられるインパクト抜群なモデルに巡り合った。そのモデルとは、Bastronブランド(本社:中国/Shenzhen Rivers Technology Co.,Ltd)による強化ガラス採用のタッチキーボード「Ultra Slim Touch Keyboard」(型番:B2)。株式会社ドスパラ(本社:東京都千代田区)が展開する上海問屋が数量限定で取り扱った希少品で、透明なガラス面に浮かび上がるブルーのLEDがなんとも美しい。今回運良くその内の1台を手に入れることができたため、趣味半分でいじり倒しつつその使い心地を検証してみよう。
Bastron「Ultra Slim Touch Keyboard」(型番:B2)
売価税込19,980円(2014年12月発売)
製品情報(Shenzhen Rivers Technology Co.,Ltd

彗星のように現れ、あっという間に去ったキワモノ的キーボード

そもそも「Ultra Slim Touch Keyboard」が店頭にやってきたのは昨年11月末のことだが、当初は発売未定の単なるサンプル品という扱いだった。それが想像以上の大反響を呼んだことから、上海問屋にて正式に取り扱いが決定。しかし入荷数は限定8台と極少量で、年の瀬に発売されるやいなや、たちまち完売してしまった。発売時点では「次回入荷の予定なし」と告知していたこともあり、本来ならここで幻のキーボードになってしまうところである。

インパクトある外観が話題を呼び、極小量が入荷するも即完売。販売当時は次回入荷の予定がなく、「不良時も返金のみ」「技術サポートなし」というスタイルの、いわば激レアなキワモノといった扱いだった

それではもう手に入らないのかというと、レビュー執筆途中から少々事情が変わってきた。担当者より「次回以降の入荷の目処が立った」との連絡が届き、どうもそう遠くないタイミングで店頭に戻ってくることが決まったらしい。つまり読後に興味がわいても購入できるチャンスがあるいうワケで、引き続き安心してレビューを読み進めていただければ幸いだ。

物理キーなし。完全タッチ入力の「Ultra Slim Touch Keyboard」

それでは早速「Ultra Slim Touch Keyboard」の素性から順に話を進めていこう。最大の特長は、言わずもがな透明な強化ガラスで構成されるそのボディ。物理キーを一切搭載せず静電容量式タッチセンサーによる入力を行う、いわゆるタッチパネルキーボードと呼ばれるモデルだ。通電時にはブルーLEDの光でキーが浮かび上がる仕様で、どこか近未来を思わせるデザインには、キーボードに興味がない人でも思わず見入ってしまいそう。入力の快適さといった実用性はさて置き、まずこのビジュアルが有力な購入動機になるであろうことは間違いない。

透明ガラスにキーが浮かび上がる、タッチキーボードの「Ultra Slim Touch Keyboard」。このビジュアルに惚れ込んで衝動買いしてしまった人もいることだろう

ちなみにこの手のタッチキーボードとしては、ミネベアの「COOL LEAF」シリーズが広く知られており、あるいはマニアはKickstarterで話題を呼んだ「Multi-Touch Keyboard and Mouse」を思い浮かべるかもしれない。これらは何もビジュアルのために実用性すべてを捨て去ったワケではなく、平面デザインであることから、メンテナンスが極めて容易というメリットがある。かつてイギリスにおける調査で「掃除をしないキーボードは便座以上に不衛生」という実態が明らかになったことを考えれば、この特性は一般ユーザーにも十分に恩恵があるだろう。

同じくタッチパネルで構成される、ミネベアの「COOL LEAF2」。清掃が容易で清潔に使用できることから、医療現場やクリーンルームにおける使用など、清浄性が求められる用途に適している
かつてKickstarterで話題になった「Multi-Touch Keyboard and Mouse」もイメージ的に近い。ただしこちらのモデルは静電容量式ではなく、赤外線の反射を応用した技術が用いられていた。製品化には成功したのだろうか?

また、この「Ultra Slim Touch Keyboard」はキー入力だけでなく、キーボード面全体をタッチパッドとして使用できるという、優れた機能を兼ね備えている。詳しくは後半の解説セッションに譲るとして、恐らくこの機能こそが、本機に単なるタッチパネルキーボード以上の利便性を与えてくれるハズだ。

次は...  アルミフレームで囲まれた、1枚ガラスのスタイリッシュボディ

1 2 3 4 5

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us