エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.388

これで全てが分かる。CORSAIR「330R Silent」徹底解説

2015.01.10 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

水冷ユニットを組み込んでみる

次に水冷ユニットを搭載してみよう。今や空冷と肩を並べるほどポピュラーな存在となった水冷。特にオールインワン水冷ユニットは、その手軽さと信頼性の向上により、多くの自作派が導入を検討する注目のパーツとなっている。
 「330R Silent」では、都合2箇所にラジエターが搭載できる。ひとつは120mm口径ファンが搭載されているリア部、もうひとつは2基の120mmまたは140mm口径ファンが搭載できるトップ部だ。言うまでもなく水冷ユニットの冷却は、ラジエターが大型であればあるほど有利なだけに、積極的にトップ面の利用をお勧めしたい。
 そこで今回搭載テストに用意したのは、CORSAIR「H100i」(型番:CW-9060009-WW)。ラジエターには25mm厚120mm口径ファン2基を搭載する、いわゆる240mmサイズラジエター仕様のオールインワンモデルだ。

CORSAIR「H100i」の240mmサイズラジエターをトップ部にマウント
ラジエターは120mm口径ファン増設用ネジ穴を使い、8個のネジで固定

水冷ユニットを導入するにあたり、小型化が進むポンプ一体型CPUヘッドはさておき、最も懸念されるのは、冷却ファンを含むラジエターとマザーボード末端の距離だ。単に240mmサイズラジエターが搭載できる「ネジ穴」があっても、マザーボード間の空きスペースが無ければ、メモリスロットや左上部にレイアウトされる12V電源コネクタ、さらにマザーボードによってはMOSFET用ヒートシンク等と物理的干渉を起こしてしまう。その点「330R Silent」は、ラジエター+冷却ファンの厚さが実測50mmの「H100i」を全く問題とせず、マザーボードに覆いかぶさる事なく搭載できた。

トップパネルとマザーボードまでの距離は実測約60mm程度が確保されている トップパネルと5.25インチ最上段に搭載した光学ドライブとの距離は、実測約40mm程度
チューブはストレートに伸びているため、リア120mm口径ファン(25mm厚)との接触はどうにか回避できている 全長170mmの光学ドライブと冷却ファンは、ギリギリ干渉せずに搭載が可能。ぶつかる場合は光学ドライブを2段目以降に搭載すればいい

CPUクーラー搭載スペース

空冷ユースも忘れてはいけない、CPUクーラーの有効スペースもチェックしておこう。ヒートスプレッダからサイドパネルまでの距離を計測してみると約170mm。これだけのスペースがあれば、多くの大型サイドフローCPUクーラーが搭載できるはずだ。

実際に計測してみたものの、手元資料にも有効スペースは「170mm」と明記されていた

公称値より広い電源ユニット搭載スペース

次に電源ユニットを搭載してみよう。搭載手順に特別な作業はなく、背面のネジ穴4箇所を使いインチネジで固定するだけ。ちなみに搭載スペースは公称240mm(奥行き)とされているが、搭載テストに以前詳細検証をお届けしたCORSAIR「RM850」(型番:CP-9020056-JP)を用意したところ、かなりの空きスペースを残し、マウントすることができた。実際にスペースを計測してみると、公称240mmどころか、300mm強の空間が確認できる。「RM850」はフルモジュラー式だが、直結式でも余ったケーブルの行き場に困る事はなさそうだ。

搭載テストには80PLUS GOLD認証を取得したCORSAIR「RM850」を用意。固定は背面4箇所のネジ穴を使う一般的な方法が採用されている
電源ユニット搭載スペースは、公称240mmまで。しかし実際にはボトム部に冷却ファン増設スペース等がないため、奥行き180mmの「RM850」でもかなりの空きスペースが確保できている
totop