エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.388

これで全てが分かる。CORSAIR「330R Silent」徹底解説

2015.01.10 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 PCケースのすみずみを徹底検証する「これで全てが分かる。」シリーズ。昨年は選りすぐりの20台をお届けしたが、いずれ劣らぬ2014年の自作業界を活気づけた佳作の多くは、未だ記憶に新しい。
 そして新年が幕を開け、本稿が2015年最初のPCケースレビューと相成る。偶然にも昨年の第1弾と同じメーカーからのチョイスとなったそのモデルとは、昨年12月に発売されたばかりのミドルタワー、CORSAIR「Carbide Series 330R Silent」(以下:330R Silent)だ。製品名にもある通り、圧倒的な静音性と、高い拡張性が特徴ときく。自作市場で好調を維持するCORSAIRブランドの最新作だけに、このモデルへの注目度も高いはず。さっそく詳しくみていくことにしよう。

2015年PCケースレビュー第1弾 CORSAIR「330R Silent」とは

2015年PCケースレビューの第1弾に選んだのは、CORSAIR「330R Silent」だ。ちなみに昨年の第1弾もCORSAIR製PCケース(「Obsidian Series 250D」)をチョイスしている。単なる偶然だが、なにやら縁があるらしい。

「330R Silent」はモデル名が表す通り、「静音」に特化したミドルタワーPCケースだ。ここで熱心な自作派ならピンとくるだろう。というのも「330R」(型番:CC-9011024-WW)という型番で、2013年7月に国内リリースを果たした、先代「330R」のバリエーションモデルという位置付けになるワケだ。

CORSAIR「Carbide Series 330R Silent」
市場想定売価税抜13,780円(2014年12月6日発売)
※市場想定売価は2014年12月現在
製品情報(CORSAIR)(株式会社リンクスインターナショナル

また新作「330R Silent」は、日本国内向けに名付けられた製品名という。なるほどCORSAIRのグローバルサイトを確かめてみると、該当する製品は「330R Titanium Edition」(型番:CC-9011071-WW)であり、「330R Silent」という型番は見当たらない。これについて、国内総代理店の株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)に確認してみると、「静音PCケース」である事をより強くアピールする狙いから、独自に改名したという。つまり先代から静音性が向上したPCケースという解釈になるワケだ。

先代「330R」(型番:CC-9011024-WW)。国内市場では2013年7月から発売されたミドルタワーPCケース。現在は新作「330R Silent」にバトンを引き継ぎ、取扱いは終了している

外観からは大きな違いが分からない両者だが、さてどこに改良が加えられているのだろうか。その違いこそ、今回の検証においてひとつのポイントになるだろう。

スペック表に見るCORSAIR「330R Silent」

「330R Silent」の組み込みイメージ

検証を始める前に、スペック表を確認しておこう。外形寸法はW210×D495×H484mmで、重量は約7.2kg。この数値はよくある一般的なミドルタワーPCケースだが、対応フォームファクタの項目にはATXよりもひとまわり大きなE-ATXの記載が確認できる。
 次にドライブベイは5.25インチオープンベイが3段、2.5/3.5インチ共用シャドウベイが4段で、標準的な構成。冷却ファンレイアウトは、フロント120/140mm×2基、トップ120/140mm×2基、リア120mm×1基で、最大5基の冷却ファンが搭載可能。標準装備品は、フロント140mm口径×1基、リア120mm口径×1基の合計2基だ。
 ドライブベイと冷却ファンレイアウトを見る限り、最低限必要な数量だけが確保されている印象がある。空きスペースも重要な筐体内部の占有空間と考え、ゆとりの構成こそが「330R Silent」の設計思想となっているようだ。

totop