エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.381

SATA3.0×18ポートの超弩級マザーボード、ASRock「X99 Extreme11」実力検証

2014.12.15 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
 充実したラインナップが揃うASRock Incorporation(本社:台湾)製マザーボードの中でも、とりわけ豪華な装備を身に纏う「Extreme11」シリーズから、Intel X99 Express搭載フラッグシップモデル「X99 Extreme11」がリリースされた。
 同シリーズ最大の特徴でもあるLSI製RAIDコントローラによる豊富なストレージ能力に加え、4-Wayマルチグラフィックスや「Ultra M.2」スロット対応など、機能満載のウルトラハイエンド。Haswell-Eのポテンシャルを最大限に引き出す究極の1枚が登場した。
ASRock「X99 Extreme11」 実勢価格税抜90,000円前後
製品情報(ASRock/マスタードシード株式会社

ASRock X99シリーズの頂点に君臨するウルトラハイエンド「X99 Extreme11」

代々LSI製RAIDコントローラを実装し、圧倒的なストレージ搭載能力を謳うASRock「Extreme11」シリーズから、Intel X99 Express採用のフラッグシップモデル「X99 Extreme11」が登場した。
RAIDコントローラにはSAS 12Gbpsに対応する最新チップ「SAS 3008」が採用され、チップセット機能と合わせて計18ポートのSATA3.0(6Gbps)を搭載。さらに最大40レーンのPCI-Express3.0を、2基のスイッチチップを使い分配することで、フルレーンの4-Wayマルチグラフィックスや、最大32GbpsのUltra M.2にも対応するなど、フラッグシップに恥じない製品に仕上げられた。

基板左端に整然と配置された18ポートのSATA3.0(6Gbps)。RAID構成にも対応しており、ストレージ周りで不満を覚えることはないだろう

また搭載コンポーネントは独自品質規格「Super Alloy」に準拠。XXLサイズを謳う「アルミニウム合金製ヒートシンク」や、2オンス銅箔層を備えた「サファイアブラックPCB」により、コンポーネントの発熱を効率的に冷却。さらに飽和電流を通常の3倍に高めた「Premium 60A Power Choke」や、2つのシリコンダイを1つのMOSFETに統合した「Ultra Dual-N MOSFET」、周辺温度105℃環境で寿命12,000時間の超高耐久「12Kプラチナコンデンサ」など、高品質なコンポーネントを贅沢に採用することで、安定性と耐久性を高めている。

シングルチップが主流となる中、「X99 Extreme11」ではチップセット、SASコントローラ、レーンスイッチチップ×2の計4種を実装する

続いてスペックを確認すると、メモリスロットはDDR4-3200MHz×8(最大128GB)、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×5で、4-Wayのマルチグラフィックスに対応。またASRockおなじみの高音質オーディオ回路「Purity Sound(TM)2」や、Intel製デュアルギガビットLANも搭載され、最新ゲームや、動画エンコード、3D CAD/CAMなどのクリエイティブワークまで、1台で幅広い処理に対応するPCを構築することができる。

「X99 Extreme9」の機能概要。詳細については次項からの画像セッションにて解説していく
ブラックを基調にゴールドのワンポイントが印象的なパッケージ。上部には持ち運びに便利な持ち手も用意されている
マニュアル、ドライバCD、SATAケーブルに加え、4種類のSLIブリッジや「HDD Saver」用電源ケーブルなどが同梱される

totop