エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.355

大容量&高安定のPLATINUM認証電源Cooler Master「V1200 Platinum」検証

2014.09.10 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

シックな外観をじっくり眺める

続いて収納袋から「V1200 Platinum」を取り出し、外観をチェックしていこう。本体はブラックのベースに、シルバーでCooler Masterロゴやシリーズ名が入ったシックなデザインになっている。本体サイズは、1000Wクラスとしては標準的なW150xD190xH86mmになっている。ただ、各種電源ケーブル側のコネクタ部が約10mmせり出すため、PCケース固定部の奥行きは余裕を持って210mm程度が必要になっている。

ブラックの筐体に、メタリックグレー調のファンガードが重厚な印象を醸し出している モジュラーコネクタ部は、せり出しのないスッキリしたデザインに
各出力やシリアルNoなどは、上面のスペックシートで確認できる 側面にはシリーズ名が大きく入っており、トップ・アンダーどちらの取り付けでも、ロゴやシリーズ名は逆さにならない
計15口のモジュラーコネクタとHybrid Fan Controller用のコネクタを備える。当然、各コネクタは固定ラッチで抜けないようになっている 背面はハニカム構造のメッシュ仕様で、大きめな主電源スイッチを装備している

各種電源ケーブルを確認

「V1200 Platinum」は、自由に接続するケーブルを選べるフルモジュラータイプを採用しており、ATX 24pin以外はすべて取り回しや裏面配線がしやすいフラットタイプのケーブルになっている。なお、モジュラーコネクタの形状はそれぞれ異なり、本体側にも図が印刷されているので接続箇所に迷うことはないだろう。

ATX 24pinはメッシュケーブル仕様になるが、ほかのケーブルと同じブラックに統一されている CPU 4+4pinは2本付属。ハイエンドやサーバー/ワークステーション向けのマザーボードにも対応可能
PCI-Express 6+2pin×2ケーブルは6本付属している。4-Wayのマルチグラフィックに余裕で対応 SATAコネクタは4口×3本で合計12口と必要十分
4pinペリフェラルは3口×3本の合計9口で、1本にはFDDが1口用意されている リア拡張スロット部に固定するHybrid Fan Controller用のスイッチ
totop