エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.355

大容量&高安定のPLATINUM認証電源Cooler Master「V1200 Platinum」検証

2014.09.10 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 PCケースや冷却パーツ、電源ユニットなどを手がける老舗PCパーツメーカーのCooler Master(本社:台湾)。最近は電源ユニットに力を入れており、高い安定性がウリの製品を続々と投入している。そんな「V」シリーズに、新たに追加された80PLUS PLATINUM認証1200Wの「V1200 Platinum」(型番:RSC00-AFBAG1-JP)を借り受けられたので、検証してみることに。
Cooler Master「V1200 Platinum」(型番:RSC00-AFBAG1-JP)
市場想定売価39,000円前後 製品情報(Cooler Master

変換効率最高92%のPLATINUM認証を取得

これまでCooler Masterのフラッグシップ電源ユニット「V Semi-Modular」シリーズは、90%の変換効率となる80PLUS GOLD認証モデルがラインナップされていたが、新たに登場した「V1200 Platinum」(型番:RSC00-AFBAG1-JP)は、その名のとおり変換効率が最高92%になるPLATINUM認証を取得し、出力はシリーズ最大となる1,200Wになっている。
 一般的な電源ユニットで±5%程度になる+12Vの電圧変動を±1%に抑えた高い安定性や、100%の日本製コンデンサの採用、高効率で発熱の少ないDC-DCコンバーター、回路ノイズを抑えるダブルレイヤーEMIフィルターなど、「V」シリーズの魅力は、そのまま1,200Wの大容量と80PLUS PLATINUM認証の高変換効率を実現。さらに一定の出力負荷25%(1,200W×25%=300W)までは搭載ファンが回転しないようにできる「Hybrid Fan Controller」機能を搭載し、ウェブやメール、オフィスアプリといったCPUやグラフィックスボードへの負荷が低い作業時は、ファンレス運用が可能になっている。

Cooler Masterのフラッグシップ電源ユニット「V」シリーズは、+12Vの電圧変動を±1%に抑え、安定した出力を実現
「Hybrid Fan Controller」のオン時は、一定負荷までファンが停止。なお、オフ時もファン回転数をコントロール。最も高効率な50%負荷時までは1000rpmで回転する
「Hybrid Fan Controller」機能は、電源ユニット部の制御用コネクターに、付属のオン/オフスイッチを接続することで切り替え可能になっている
totop