エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.349

これで全てが分かる。Phanteks「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」徹底解説

2014.08.19 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 冷却機器だけでなく、PCケースカテゴリにも食指を伸ばし、自作市場でその認知度が着実に拡大し続けているPhanteks Company。このほど国内市場での発売が開始されたフルタワーPCケース「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」の出来映えもなかなか良さそうだ。今回は国内正規代理店の株式会社アイティーシー(本社:東京都千代田区)より実機を借り受け、Phanteksブランド渾身の1台をとくとご覧頂こう。
Phanteks Enthoo Luxe Full Tower Chassis
PH-ES614L_BK(ブラック/市場想定売価税抜18,500円)
PH-ES614L_WT(ホワイト/市場想定売価税抜19,800円)
製品情報(Phanteks

Phanteksエンスーシリーズ第3弾「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」

今回取り上げるPhanteksブランドの「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」(以下:Enthoo Luxe)は、エンスージアスト向けの新型フルタワーPCケース。Phanteksが自作をこよなく愛する”自作マニア”に贈る、”自作マニアが作った”自信作だ。
 今年開催された「COMPUTEX TAIPEI 2014」期間中、プライベートブースを構えたPhanteksは、複数の新型PCケースを披露した。いずれのプロトタイプもPhanteksらしい、エンスージアストに向けられたものばかり。CEOのJESSON TANG氏とプロダクトマネージャーのBoon Tuoh Khor氏は生粋の自作好きで、熱心に各モデルのプレゼンテーションを行った。

「COMPUTEX TAIPEI 2014」期間中に話を聞いた、業界屈指のエンスージアスト、CEOのJESSON TANG氏(右)とプロダクトマネージャー Boon Tuoh Khor氏(左)

そんなPhanteksのプライベートブースでお披露目されていたのが、新作「Enthoo Luxe」だ。以前詳細検証をお届けした第1弾「Enthoo Primo Ultimate Chassis」、そして第2弾「Enthoo Pro Full Tower Chassis」に続く、国内市場では3モデル目となるフルタワーPCケース。既存モデルの評価が高かった注目のメーカーだけに、心待ちにしていた自作派も少なくないだろう。

第1弾「Enthoo Primo」と似て非なる新作「Enthoo Luxe」

発売を目前に控えた7月末。編集部には「Enthoo Luxe」の評価サンプルが到着した。思えばPhanteksブランドのPCケースを取り上げるのは、第1弾「Enthoo Primo Ultimate Chassis」以来のこと。今回検証用にチョイスしたのはホワイトモデル(型番:PH-ES614L_WT)だが、外観スタイルは両者に共通点が多く、フロントフェイスデザインからは、兄弟モデルである事を感じさせる。特に下段の通気孔パネルの意匠は直系モデルである事を意味し、「Enthoo」シリーズの血を引く最新モデルである事は明らかだ。

編集部に届けられたのはホワイトモデル「PH-ES614L_WT」。「Enthoo Luxe」は発光ギミックも備えた期待のフルタワーPCケースだ

totop