エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
2月28日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
珍しい拡張スロットに固定する5ポートファンハブがLAMPTRONから発売開始
無線LAN&Bluetooth標準で10ドルの超小型Linux PC「Raspberry Pi Zero W」発売
iiyamaPC LEVEL∞、HTC「Vive」付属のVR ReadyノートPC計2モデル発売
Apollo Lakeを搭載する11.6型モバイルノートPC計3モデル、iiyamaPCから発売
イタズラ・盗難を大音量で阻止する、自転車用の「防犯アラーム&テールライト」がサンコーから
レキサー、1,000倍速のmicroSDカードに256GBの大容量モデルを追加
ゲーム・ストリーミングに最適化したギガビットハブ、ネットギア「Nighthawk S8000」
端子の負担軽減&省スペース化に便利。DVI&D-SubのL字アダプタが上海問屋から
パイオニア、ポータブル初の“Ultra HD Blu-ray”対応ドライブ「BDR-XD06J-UHD」

HOTNEWS
● OCもSLIも不要、でも機能は妥協しない。トップクラスのカジュアルゲーマー向けマザー、GIGABYTE「GA-H270-Gaming 3」
● サーバーのノウハウを結集したゲーミングマザーボード、SuperO「C7Z270-CG」
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待


1「必ず買いますよ」(2/22) ・・・複数ショップ店員談
2サーバーのノウハウを結集したゲーミングマザーボード、SuperO「C7Z270-CG」
3NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
4OCもSLIも不要、でも機能は妥協しない。トップクラスのカジュアルゲーマー向けマザー、GIGABYTE「GA-H270-Gaming 3」
5SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待

Home > レビュー > 撮って出し
これで全てが分かる。Phanteks「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」徹底解説
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.349

これで全てが分かる。Phanteks「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」徹底解説


2014年8月19日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 冷却機器だけでなく、PCケースカテゴリにも食指を伸ばし、自作市場でその認知度が着実に拡大し続けているPhanteks Company。このほど国内市場での発売が開始されたフルタワーPCケース「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」の出来映えもなかなか良さそうだ。今回は国内正規代理店の株式会社アイティーシー(本社:東京都千代田区)より実機を借り受け、Phanteksブランド渾身の1台をとくとご覧頂こう。
Phanteks Enthoo Luxe Full Tower Chassis
PH-ES614L_BK(ブラック/市場想定売価税抜18,500円)
PH-ES614L_WT(ホワイト/市場想定売価税抜19,800円)
製品情報(Phanteks

Phanteksエンスーシリーズ第3弾「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」

今回取り上げるPhanteksブランドの「Enthoo Luxe Full Tower Chassis」(以下:Enthoo Luxe)は、エンスージアスト向けの新型フルタワーPCケース。Phanteksが自作をこよなく愛する”自作マニア”に贈る、”自作マニアが作った”自信作だ。
 今年開催された「COMPUTEX TAIPEI 2014」期間中、プライベートブースを構えたPhanteksは、複数の新型PCケースを披露した。いずれのプロトタイプもPhanteksらしい、エンスージアストに向けられたものばかり。CEOのJESSON TANG氏とプロダクトマネージャーのBoon Tuoh Khor氏は生粋の自作好きで、熱心に各モデルのプレゼンテーションを行った。

「COMPUTEX TAIPEI 2014」期間中に話を聞いた、業界屈指のエンスージアスト、CEOのJESSON TANG氏(右)とプロダクトマネージャー Boon Tuoh Khor氏(左)

そんなPhanteksのプライベートブースでお披露目されていたのが、新作「Enthoo Luxe」だ。以前詳細検証をお届けした第1弾「Enthoo Primo Ultimate Chassis」、そして第2弾「Enthoo Pro Full Tower Chassis」に続く、国内市場では3モデル目となるフルタワーPCケース。既存モデルの評価が高かった注目のメーカーだけに、心待ちにしていた自作派も少なくないだろう。

第1弾「Enthoo Primo」と似て非なる新作「Enthoo Luxe」

発売を目前に控えた7月末。編集部には「Enthoo Luxe」の評価サンプルが到着した。思えばPhanteksブランドのPCケースを取り上げるのは、第1弾「Enthoo Primo Ultimate Chassis」以来のこと。今回検証用にチョイスしたのはホワイトモデル(型番:PH-ES614L_WT)だが、外観スタイルは両者に共通点が多く、フロントフェイスデザインからは、兄弟モデルである事を感じさせる。特に下段の通気孔パネルの意匠は直系モデルである事を意味し、「Enthoo」シリーズの血を引く最新モデルである事は明らかだ。

編集部に届けられたのはホワイトモデル「PH-ES614L_WT」。「Enthoo Luxe」は発光ギミックも備えた期待のフルタワーPCケースだ

次は...  Phanteks「Enthoo Luxe」外観スタイルチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us