エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.331

シングルドライブ最速のUltra M.2搭載マザーボード ASRock「Z97 Extreme6」徹底検証

2014.05.30 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 パフォーマンスが飽和しつつあるSATA3.0(6Gbps)に変わり、M.2やSATA Expressなどストレージ周りが大きく改善されたIntel「9」シリーズマザーボード。その中でも一際異彩を放つのが、独自スロットUltra M.2を搭載するASRock Incorporation(本社:台湾)「Z97 Extreme6」だ。CPUのPCI-Express3.0(x4)を使用することで、最大32Gbpsの超広帯域を実現したASRockの隠し球。その気になるポテンシャルを国内正規代理店マスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)協力のもと、徹底的に検証していこう。
ASRock「Z97 Extreme6」 実勢売価税抜20,000円前後
製品情報(ASRock/マスタードシード株式会社

安定性・耐久性を追求した独自品質規格「Super Alloy」

「Z97 Extreme6」の解説に入る前に、まずはASRock 9シリーズで新たに採用された独自品質規格「Super Alloy」について簡単に紹介しておこう。ASRockではこれまでも上位モデルを中心に、「Premium Gold Caps」「デュアルスタックMOSFET」など、品質を重視したコンポーネントを搭載してきたのはご存知の通り。ASRock 9シリーズでは、もう一歩踏み込む形で「Super Alloy」と呼ばれる独自品質規格を策定し、幅広い製品に反映。これにより一部のローエンドを除くほぼすべてのモデルにおいて、高い安定性と耐久性を実現した。

光沢のある「プレミアム合金チョークコイル」とゴールドカラーの「12Kプラチナコンデンサ」で固められた電源周り。上位モデルのMOSFETには、これまで通り「デュアルスタックMOSFET」が採用される ASRockではメモリ向け電源回路にも注目。抵抗値2.9mΩの「NexFET MOSFET」を採用することで、大幅に発熱を低減している

「Super Alloy」製品では、電源回路やMOSFETの冷却に、XXLサイズを謳うアルミニウム合金製ヒートシンクを標準装備。さらに飽和電流を90%に引き上げた耐熱仕様の「プレミアム合金チョークコイル」や、業界最長となる寿命12,000時間(周辺温度105℃)の「12Kプラチナコンデンサ」を採用することで耐久性を向上させた。
 また主要発熱源の1つであるMOSFETにもこだわり、CPUの電源回路にはこれまで同様「デュアルスタックMOSFET」を、メモリ向け電源回路には新たに「NexFET MOSFET」を搭載することで基板上の発熱を抑え、安定性を高めている。

totop