エルミタ的一点突破 Vol.31

サイズ「巽」検証

2014.05.08 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 株式会社サイズ(本社:千葉県市川市)から、92mmファンと「ナロータイプフィン構造」を採用する、サイドフローCPUクーラー「巽」(型番:SCTTM-1000B)がリリースされた。人気モデル「虎徹」の設計思想を受け継ぎつつ、よりコンパクトにまとめられた期待の新作を早速チェックしていくことにしよう。

普及価格帯を牽引するコンパクトサイドフロー「巽」

「巽」(型番:SCTTM-1000B) 市場想定売価税抜3,280円(5月2日出荷開始)
製品情報(株式会社サイズ

今回検証を進めるサイズ「巽」は、コンパクト設計が特徴のサイドフローCPUクーラー。昨年10月にリリースされた人気モデル「虎徹」の設計思想を受け継いだ、非干渉型「ナロータイプフィン構造」により、周辺コンポーネントへの干渉を抑制。さらに冷却ファンを口径92mmへと変更することで、標準的なサイドフローCPUクーラーに比べ、高さ・奥行とも大幅に小型化されている。

口径92mmファンの採用により、奥行だけでなく高さも大幅に抑えられた「巽」。冷却性能への影響はどの程度あるのか気になるところだ

またコンパクト化にともなう放熱面積の減少をカバーするため、フィンにはエアフローの損失を最小限に抑え、ファンの風を最も効率良く供給できる「多重エアフロー透過構造」(M.A.P.S:Multiple Airflow Pass-through Structure)を採用。そして肉厚の銅製受熱ベースプレートとφ6mm×3本のヒートパイプを組み合わせ、CPUの発熱を効率良く拡散することで冷却性能を維持している。

エアフローの損失を最小限に抑える「M.A.P.S」を採用することで、ファンの風がフィンの間を効率よく通過する 以前インタビュー記事でもお伝えした通り、サイズが特にこだわっている受熱ベース部。エントリー向けながら、肉厚の銅製プレートが採用されている

ちなみにマザーボードへの固定は、組み込み易さと確実な固定に定評のある「ブリッジ式リテンション」で、台座部分はユニバーサル仕様。対応プラットフォームはIntel LGA775/1150/1155/1156/1366/2011、AMD Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+で、現行ほぼすべてをサポートしている。

totop