エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
GIGABYTEコンパクトゲーミングベアのパーツセットがお買い得【ソフマップリユース総合館】
スマホやタブレットの除菌と抗菌サービスを無料(セルフサービス)で実施中【ドスパラ パーツ館】
日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す
子供部屋にもぴったりな収納BOXがいろいろ安い【テクノハウス東映】
6月27日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
Thermaltakeの人気PCケース「Core」「Suppressor」シリーズに強化ガラスモデル登場
SENSE∞、Kaby Lake版NUCベースのニコ生・YouTuber向け小型デスクトップPC計3モデル
Lexarブランド廃止へ。Micron、Lexarのリムーバブルストレージ事業廃止または売却を発表
4K/60HzのHDMI信号に対応するPC切替器、ラトック「REX-250UHD-4K」
エレコム、ヘッドホン・イヤホンいらずの一体型VRゴーグル「P-VRGEH01」シリーズを発売

HOTNEWS
● 日本人の手にピタリとフィット。振り回しても疲れない小型・軽量マウスの本命、ROCCAT「Kone Pure Owl-Eye」を試す
● サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
3サーバー屋”Supermicro”が仕掛けたゲーミングブランド”SuperO”。そのこだわりを台湾で聞く。
4ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
5転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「巽」検証
エルミタ的一点突破 Vol.31

サイズ「巽」検証


2014年5月8日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 株式会社サイズ(本社:千葉県市川市)から、92mmファンと「ナロータイプフィン構造」を採用する、サイドフローCPUクーラー「巽」(型番:SCTTM-1000B)がリリースされた。人気モデル「虎徹」の設計思想を受け継ぎつつ、よりコンパクトにまとめられた期待の新作を早速チェックしていくことにしよう。

普及価格帯を牽引するコンパクトサイドフロー「巽」

「巽」(型番:SCTTM-1000B) 市場想定売価税抜3,280円(5月2日出荷開始)
製品情報(株式会社サイズ

今回検証を進めるサイズ「巽」は、コンパクト設計が特徴のサイドフローCPUクーラー。昨年10月にリリースされた人気モデル「虎徹」の設計思想を受け継いだ、非干渉型「ナロータイプフィン構造」により、周辺コンポーネントへの干渉を抑制。さらに冷却ファンを口径92mmへと変更することで、標準的なサイドフローCPUクーラーに比べ、高さ・奥行とも大幅に小型化されている。

口径92mmファンの採用により、奥行だけでなく高さも大幅に抑えられた「巽」。冷却性能への影響はどの程度あるのか気になるところだ

またコンパクト化にともなう放熱面積の減少をカバーするため、フィンにはエアフローの損失を最小限に抑え、ファンの風を最も効率良く供給できる「多重エアフロー透過構造」(M.A.P.S:Multiple Airflow Pass-through Structure)を採用。そして肉厚の銅製受熱ベースプレートとφ6mm×3本のヒートパイプを組み合わせ、CPUの発熱を効率良く拡散することで冷却性能を維持している。

エアフローの損失を最小限に抑える「M.A.P.S」を採用することで、ファンの風がフィンの間を効率よく通過する 以前インタビュー記事でもお伝えした通り、サイズが特にこだわっている受熱ベース部。エントリー向けながら、肉厚の銅製プレートが採用されている

ちなみにマザーボードへの固定は、組み込み易さと確実な固定に定評のある「ブリッジ式リテンション」で、台座部分はユニバーサル仕様。対応プラットフォームはIntel LGA775/1150/1155/1156/1366/2011、AMD Socket AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2/FM2+で、現行ほぼすべてをサポートしている。

次は...  サイズ「巽」のパッケージを確認

1 2 3 4 5

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us