エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.304

省電力もOCも自由自在。ASRockのMini-ITXマザーボード「FM2A88X-ITX+」検証

2014.02.22 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 内蔵GPUでは最高クラスの性能を誇るKaveriこと第4世代APUの登場により、俄然注目を浴びるSocket FM2+プラットフォーム。特に拡張性に制限のあるコンパクトPCでは、グラフィックスカードを増設せず、十分な性能を発揮するKaveriに期待を寄せる人も少なくないだろう。
 そこで今回のエルミタ的速攻撮って出しレビューでは、ASRock Incorporation(本社:台湾)の国内正規代理店マスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)より、「A88X」チップを搭載したMini-ITXマザーボード「FM2A88X-ITX+」を借り受け、省電力駆動からオーバークロックまでじっくりと試してみることにした。
ASRock「FM2A88X-ITX+」 実勢価格11,000円前後
製品情報(ASRock/マスタードシード

ハイエンド並みの性能を凝縮したMini-ITXマザーボード「FM2A88X-ITX+」

今回の主役となる「FM2A88X-ITX+」は、Socket FM2+に対応するMini-ITXマザーボード。チップセットは同プラットフォーム向け最上位のAMD「A88X」で、電源回路にはハイエンドに匹敵する4+2フェーズ回路を搭載。これによりSocket FM2はTDP100Wまで、Socket FM2+は95Wまでサポートされ、現在発売されているすべてのAPUを使用することができる。

AMD「A88X」チップを搭載するMini-ITXマザーボード「FM2A88X-ITX+」。4+2フェーズ電源回路を備え、TDPは最大100Wまで対応する

またメモリスロットは2本に制限されるものの、最大2,400MHzの高クロック動作に対応。プロファイルは「AMD Memory Profile」(AMP)「Intel Extreme Memory Profile」(XMP)が読込でき、標準的なオーバークロックメモリをそのまま使用できるのも特徴だ。
続いて拡張面に目を向けると、PCI-Express(x16)は帯域幅8.0Gbit/secの3.0に対応(Kaveri搭載時)。SATA3.0(6Gbps)は内蔵×6、mSATA×1(miniPCI-Expressと兼用)、eSATA×1の計8ポート、USB3.0はバックパネル×2、ピンヘッダ×2の計4ポートが搭載され、ネットワークはギガビット有線LAN、IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0を備える。さらに日本製プレミアムゴールドコンデンサや、最高600Ωに対応するヘッドセット向けアンプTI「NE5532」、HDMIをパススルー出力できる「HDMI-IN」など、ASRock独自機能も充実している。

「A-STYLE」のロゴが大きくデザインされたパッケージ。外形寸法は実測値でW280×D243×H60mm 対応機能が網羅されたパッケージ裏面。右上には詳細なスペック表も記載される
本体は4本の結束バンドで衝撃吸収用のスポンジに固定されていた 付属品はマニュアル、ドライバCD、バックパネル、SATAケーブル、無線用アンテナケーブル

totop