エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.303

RAVENシリーズ初のMini-ITX 「SST-RVZ01B」総点検

2014.02.17 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 SilverStone Technology(本社:台湾)の看板PCケース「RAVEN」シリーズ。これまで4代にわたり進化を続けてきた、言わずと知れた人気モデルだが、このほど新作「SST-RVZ01B」(以下:RVZ01)がデビューを果たした。1月24日から国内正規代理店であるマスタード株式会社(本社:東京都品川区)により販売が開始された「RVZ01」は、シリーズ初となるMini-ITX規格対応のスリム型PCケース。スモールPCフォームファクタといえば、自作市場で今最も注目の集まるカテゴリと言えるだろう。そこへ新たな需要の掘り起こしとばかりに、SilverStoneは「RAVEN」をぶつけてきたというワケだ。
 今回は同社の戦略的ゲーミングMini-ITXケース「RVZ01」をいち早く借り受け、内外すみずみまでチェックして行く。

新型「RAVEN」がやっぱりやってきた

SilverStone「Raven SST-RVZ01B」(型番:SST-RVZ01B)
市場想定売価税込12,980円前後(1月24日発売)
製品情報(SilverStone Technology)(マスタードシード株式会社

新型RAVEN「RVZ01」がエルミタに初めて登場したのは、先の発売アナウンス記事ではなく、昨年行われた「COMPUTE TAIPEI 2013」のブースレポートだった。思えばなかなかの熟成期間を経て、このほど市場デビューと相成ったワケだ。開催期間中、現地から届いたプロトタイプの画像を見た第一印象では「RAVEN」らしからぬスタイルに、かなり違和感を覚えた。歴代「RAVEN」を思えば、その代名詞たる大型ゲーミングPCケースのスタイルがユーザーには当然のように刷り込まれている。突如Mini-ITX対応スリム型スタイルと化した新型「RAVEN」を見せられても、そう易々と受け入れられなかったのは、決して筆者だけではあるまい。

RAVEN 「COMPUTEX TAIPEI 2013」に登場した「RVZ01」のプロトタイプ。今回の製品版と比べ、大まかなスタイルに相違はないものの、細部をよくみるとフロントアクセスポートの位置が変更されている事が分かる

ともあれ、これまで歴代「RAVEN」シリーズを検証してきたエルミタ編集部としては、“検証しない”という選択肢はない。というわけで、SilverStoneという大看板よりもシリーズ名を前面に押し出す「RAVEN」シリーズ最新作、「RVZ01」は1月末に編集部に届けられた。

実測430×425×160mmという、PCケースとしてはさすがにコンパクトな化粧箱に収められた「RVZ01」。箱から本体を取り出すと、ボディは大切に不織布で包まれていた

SST-RVZ01B

「RVZ01」は、そのコンパクトな形状を生かし、縦置き横置きいずれにも対応。設置場所や好みに応じてスタイルを選ぶ事ができる。素材はボディがスチール製で剛性を確保。フロントを含むリア以外の外周はプラスチック製で、素材の特性を生かし、曲面やストライプのアクセント、通気用カット等自由にデザインされている。なおボディカラーはブラックとされているものの、実機は深い黒というよりもガンメタに近い黒で、歴代RAVENのカラーが継承されている。

シリーズ初のMini-ITX対応モデルながら、どこかRAVENの雰囲気を感じる「RVZ01」
totop