エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
MSI製Mini-ITXマザー「Z170I GAMING PRO AC」で、DDR4メモリ最高記録“4903.6MHz”達成
パソコン工房通販サイト、GeForce GTX 1080を27日22時より販売開始。搭載BTOも受注スタート
100L/hのハイパワーポンプ搭載。240mmオールインワン水冷「WATERMAX240」アイネックスから発売
Samsung、V-NAND採用のエントリーSSD「SSD 750 EVO」に500GBモデル追加
5月31日15時より解禁。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で新CPUの発売を予告
Cooler Master、オール日本製コンデンサで5年保証のBRONZE認証電源「GXII Ver.2」シリーズ
最大転送2,167Mbps。4×4 MIMO対応の802.11ac無線LANカード、ASUS「PCE-AC88」
ドスパラ パーツ館、27日22時よりNVIDIA GeForce GTX 1080の深夜販売イベント開催
PC不要で録画できる、HDMIゲーム・ビデオキャプチャが上海問屋から発売開始
バッファロー、Surface Proのバスパワーで動作するポータブルDVD 6製品値下げ

HOTNEWS
● Premium-Lineシリーズの最強コンパクトPC「Sycom Premium-Line H170FD-MINI」の魅力に迫る
● 奥行き100mmに機能と信頼性が凝縮。CORSAIRが放つ、洗練された最高峰のSFX電源「SF600」
● TLC NAND SSDの大本命、PLEXTOR「M7V」シリーズ徹底検証
● 秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「Windows 10にしましたか?」
● GTX 980 TiのSLI駆動にも揺るがない。鉄壁のスマート電源、Thermaltake「Smart DPS G Gold」


1TLC NAND SSDの大本命、PLEXTOR「M7V」シリーズ徹底検証
2奥行き100mmに機能と信頼性が凝縮。CORSAIRが放つ、洗練された最高峰のSFX電源「SF600」
3Premium-Lineシリーズの最強コンパクトPC「Sycom Premium-Line H170FD-MINI」の魅力に迫る
4「いっぱいありそうです」(5/20) ・・・複数ショップ店員談
5秋葉原PCパーツ系 & モバイル系STAFFに聞きました。「Windows 10にしましたか?」

Home > レビュー > 撮って出し
“Kaveri”に最適な全部のせマザーボード「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」に注目
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.301

“Kaveri”に最適な全部のせマザーボード「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」に注目


2014年2月6日
TEXT:テクニカルライター・藤田忠
RSS
 年明けの1月14日に正式発表された「Kaveri(カヴェリ)」こと、第4世代AMD A-Series APU。CPUの動作クロックは、第3世代の「Richland」からダウンしたものの、内蔵GPUのパフォーマンスはしっかりアップしているとあって、秋葉原のPCパーツショップでも好調。「過去のAMD CPUとは格段に売れている」という声も。Socket FM2+を採用した「AMD A88X」「AMD A78」「AMD A55」チップセット搭載マザーボードが必要なため、既存環境からの移行にはマザーボードの買い替えが必要になる場合もあるが、気になっている人は多いだろう。
 今回はそんなKaveri対応マザーボードを数多く投入しているASRock(本社:台湾)から、ゲーミング向けマザーボード「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」を国内正規代理店のマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)より借り受けられた。人気あるKaveri最上位モデル「A10-7850K」とともに、じっくりと検証していこう。
ASRock「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」 実勢価格13,000円前後
製品情報(ASRock)(マスタードシード

「Kaveri」はCPU/GPUとも大幅刷新

まずは「Kaveri」について、ざっくりとだが復習しておこう。「Kaveri」は、AMD A-Series APUの第4世代で、CPUコアアーキテクチャは2012年に投入された「Trinity」や昨年登場の「Richland」が採用する「Piledriver」の改良版となる「Steamroller」を採用。AMDの資料によればコアの処理効率は「Richland」世代から最大20%、平均10%向上しているとのこと。なお、製造プロセスも32nmから28nmへ移行している。
そしてAPUで重要となるGPUは、現行のRadeonシリーズと同じ、「Radeon R7 Graphics」を内蔵。デスクトップ向けグラフィックスカードと同じく、「DirectX11.2」や独自APIの「Mantle」、新しいサウンド機能の「TrueAudio」などをサポートしている。

今のところ「Kaveri」は、クアッドコアで、倍率ロックフリーの「A10-7850K」と「A10-7700K」の2モデルが製品化されている。

Socket FM2+を採用する「A10-7850K」。実勢価格は22,500円前後 「A10-7850K」のCPU-Z。定格クロックは3.7GHzで、ターボ時は最大4GHzで動作

CPUの定格クロックとターボ時最大クロックは、「Richland」最上位の「A10-6850K」からダウンしているが、TDPは5W下がった95Wになっている。さらに「Kaveri」世代からは、AMDも「Configurable TDP」を採用。マザーボードのBIOS対応が必要だが、45Wや65WというTDPにも設定することが可能になっている。当然、今回試すASRock「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」は、「Configurable TDP」を最新BIOSで正式サポートしている。続いては、今回の主役であるASRock「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」を見ていこう。

次は...  手ごろな価格で機能てんこ盛りの「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」

1 2 3 4 5

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us