エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
サイズも性能も妥協しない。新世代“Mini-STX”の超小型マシン、ASRock「DeskMini 110」
【バイヤー林懐寧のスマホ羅針盤 Vol.039】話題の中心はデカイスマホ!?8月後半の注目スマホBEST 3
【コレオシ Vol.1329】絶妙サイズで薄くて軽い、デキる男のUltrabookあります
8月29日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
アクリルトップのGTX 1080/1070対応ウォーターブロック、Koolance「VID-NX1080 Acrylic」
Samsung、1ms/144Hz駆動の曲面ゲーミング液晶「CFG70」シリーズなど計3モデル
BIOSTAR、高品質6層基板採用の2.5インチSATA3.0 SSD「S100」シリーズ
載せるだけで、いつのもデスクがスタンディングデスクに。昇降機能付きPCデスクがサンコーから
適度な厚みで持ちやすい、キャリーケース型iPhone 6シリーズ用ケースが上海問屋から
「WINDFORCE 2X」搭載の3GB版GTX 1060 、GIGABYTE「GeForce GTX 1060 D5 3G」

HOTNEWS
● サイズも性能も妥協しない。新世代“Mini-STX”の超小型マシン、ASRock「DeskMini 110」
● AMDファン待望。完成度の高いオリジナルRX 480、PowerColor「Red Devil Radeon RX 480」
● 想像以上に使える、汎用性抜群な上海問屋の6インチ液晶自作キットをいじり倒す
● これで全てが分かる。 Aerocool「DS 230」徹底解説
● 秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「使用中の電源ユニットを教えてください」


1想像以上に使える、汎用性抜群な上海問屋の6インチ液晶自作キットをいじり倒す
2これで全てが分かる。 Aerocool「DS 230」徹底解説
3AMDファン待望。完成度の高いオリジナルRX 480、PowerColor「Red Devil Radeon RX 480」
4秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「使用中の電源ユニットを教えてください」
5限りなくコンパクトなハイエンドマシンが組める、ThermaltakeのスリムATXケース「Core G3」登場

Home > レビュー > 撮って出し
“Kaveri”に最適な全部のせマザーボード「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」に注目
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.301

“Kaveri”に最適な全部のせマザーボード「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」に注目


2014年2月6日
TEXT:テクニカルライター・藤田忠
RSS
 年明けの1月14日に正式発表された「Kaveri(カヴェリ)」こと、第4世代AMD A-Series APU。CPUの動作クロックは、第3世代の「Richland」からダウンしたものの、内蔵GPUのパフォーマンスはしっかりアップしているとあって、秋葉原のPCパーツショップでも好調。「過去のAMD CPUとは格段に売れている」という声も。Socket FM2+を採用した「AMD A88X」「AMD A78」「AMD A55」チップセット搭載マザーボードが必要なため、既存環境からの移行にはマザーボードの買い替えが必要になる場合もあるが、気になっている人は多いだろう。
 今回はそんなKaveri対応マザーボードを数多く投入しているASRock(本社:台湾)から、ゲーミング向けマザーボード「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」を国内正規代理店のマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)より借り受けられた。人気あるKaveri最上位モデル「A10-7850K」とともに、じっくりと検証していこう。
ASRock「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」 実勢価格13,000円前後
製品情報(ASRock)(マスタードシード

「Kaveri」はCPU/GPUとも大幅刷新

まずは「Kaveri」について、ざっくりとだが復習しておこう。「Kaveri」は、AMD A-Series APUの第4世代で、CPUコアアーキテクチャは2012年に投入された「Trinity」や昨年登場の「Richland」が採用する「Piledriver」の改良版となる「Steamroller」を採用。AMDの資料によればコアの処理効率は「Richland」世代から最大20%、平均10%向上しているとのこと。なお、製造プロセスも32nmから28nmへ移行している。
そしてAPUで重要となるGPUは、現行のRadeonシリーズと同じ、「Radeon R7 Graphics」を内蔵。デスクトップ向けグラフィックスカードと同じく、「DirectX11.2」や独自APIの「Mantle」、新しいサウンド機能の「TrueAudio」などをサポートしている。

今のところ「Kaveri」は、クアッドコアで、倍率ロックフリーの「A10-7850K」と「A10-7700K」の2モデルが製品化されている。

Socket FM2+を採用する「A10-7850K」。実勢価格は22,500円前後 「A10-7850K」のCPU-Z。定格クロックは3.7GHzで、ターボ時は最大4GHzで動作

CPUの定格クロックとターボ時最大クロックは、「Richland」最上位の「A10-6850K」からダウンしているが、TDPは5W下がった95Wになっている。さらに「Kaveri」世代からは、AMDも「Configurable TDP」を採用。マザーボードのBIOS対応が必要だが、45Wや65WというTDPにも設定することが可能になっている。当然、今回試すASRock「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」は、「Configurable TDP」を最新BIOSで正式サポートしている。続いては、今回の主役であるASRock「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」を見ていこう。

次は...  手ごろな価格で機能てんこ盛りの「Fatal1ty FM2A88X+ Killer」

1 2 3 4 5

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us