エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.298

サーバーからクライアントまで。8コアMini-ITXマザーASRock「C2750D4I」をいじり倒す

2014.01.23 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 今回は「速攻撮って出しレビュー」初登場となる、サーバー向けマザーボード、ASRock「C2750D4I」を取り上げる。Mini-ITXの限られた基板に、8コアAtomプロセッサや12ポートのSATA、デュアルギガビットLANなど、充実したインターフェイスを備える注目のアイテム。普段なかなかお目にかかる事がない、ハイエンド製品を余すところなくいじり倒してみることにしよう。
ASRock「C2750D4I」 実勢価格48,000円前後
製品情報(ASRock/マスタードシード

マイクロサーバーに最適なスモールコアCPU「Atom C2000」シリーズ

本題に入る前に、開発コードネーム「Avoton」ことIntel「Atom C2000」シリーズについて簡単におさらいしておこう。「Avoton」は、急速に普及が進むクラウド化に向けて、I/O性能やメモリ負荷を分散処理するために開発された、マイクロサーバー向けSoC。
 アーキテクチャにはIntelが提唱する省電力プラットフォームSilvermontを採用。22nmプロセスの三次元構造トランジスタ「トライゲート」技術を応用することで、従来のAtomプロセッサに比べて、ピーク性能は3倍、消費電力は1/5へと削減され、非常に高い電力効率を実現している。

「Avoton」のブロックダイアグラム図。2つのCPUコアとL2キャッシュで構成される内部ユニットを4基搭載することで、最大8コアを実現。またメモリコントローラやPCI-Expressコントローラなどを内蔵しており、別途チップセットが不要なのも特徴だ

なお「Atom C2000」シリーズには「Avoton」のほか、ネットワーク端末向けに暗号化エンジン「Intel Crypto engine」を内蔵した「Rangeley」もラインナップ。アキバでは、同プロセッサを搭載したMini-ITXマザーボードの発売も開始されている。

totop