エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
2月28日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
珍しい拡張スロットに固定する5ポートファンハブがLAMPTRONから発売開始
無線LAN&Bluetooth標準で10ドルの超小型Linux PC「Raspberry Pi Zero W」発売
iiyamaPC LEVEL∞、HTC「Vive」付属のVR ReadyノートPC計2モデル発売
Apollo Lakeを搭載する11.6型モバイルノートPC計3モデル、iiyamaPCから発売
イタズラ・盗難を大音量で阻止する、自転車用の「防犯アラーム&テールライト」がサンコーから
レキサー、1,000倍速のmicroSDカードに256GBの大容量モデルを追加
ゲーム・ストリーミングに最適化したギガビットハブ、ネットギア「Nighthawk S8000」
端子の負担軽減&省スペース化に便利。DVI&D-SubのL字アダプタが上海問屋から
パイオニア、ポータブル初の“Ultra HD Blu-ray”対応ドライブ「BDR-XD06J-UHD」

HOTNEWS
● OCもSLIも不要、でも機能は妥協しない。トップクラスのカジュアルゲーマー向けマザー、GIGABYTE「GA-H270-Gaming 3」
● サーバーのノウハウを結集したゲーミングマザーボード、SuperO「C7Z270-CG」
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待


1「必ず買いますよ」(2/22) ・・・複数ショップ店員談
2サーバーのノウハウを結集したゲーミングマザーボード、SuperO「C7Z270-CG」
3NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
4OCもSLIも不要、でも機能は妥協しない。トップクラスのカジュアルゲーマー向けマザー、GIGABYTE「GA-H270-Gaming 3」
5SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待

Home > レビュー > 撮って出し
ホワイトカラーが美しいミドルタワーPCケース Thermaltake「Urban S31 Snow Edition」
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.297

ホワイトカラーが美しいミドルタワーPCケース Thermaltake「Urban S31 Snow Edition」


2014年1月20日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 今回編集部に届けられたのは、ホワイト外装でシンプルなデザインが特徴的な、Thermaltake(本社:台湾)「Urban S31 Snow Edition」(型番:VP700M6W2N-C)だ。国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)により、昨年末から国内市場での販売がスタート。ブラックやシルバーが圧倒的に多いPCケースの中にあって「Snow Edition」のホワイトカラーは一際目立ち、注目を集めそうだ。内部ブラックとのコントラストも印象的な新作ミドルタワーPCケースを、徹底解説する。

新雪のように美しい「Snow Edition」完成

今回取り上げるThermaltakeのPCケース「Urban S31 Snow Edition」は、ATXおよびMicroATXフォームファクタに対応する、ミドルタワーPCケース。市場想定売価税込11,800円前後に設定された、お手頃なミドルクラスの新作だ。

Thermaltake「Urban S31 Snow Edition」(型番:VP700M6W2N-C)
市場想定売価税込11,800円前後
製品情報(株式会社アスク)(Thermaltake

製品名からも分かるように、このモデル最大の特徴は、PCケースのボディカラーとしては比較的選択肢が少ないホワイト「Snow Edition」である点だろう。内部が透けて見えるアクリルサイドウインドウを標準で装備した、シリーズ上位モデルだ。ちなみに「Urban」シリーズにはブラックカラーの「T31 Window」「T31」「T21」がラインナップされており、今回チョイスした「Urban S31 Snow Edition」は、その派生型兄弟モデルという位置付けとなる。

U31

スペック表から確認すると、外形寸法はW206×D520×H500mmの標準的なミドルタワーPCケースで、主素材はスチール。フロントパネル等のパーツ類にはプラスチックが採用されている。なおスチール厚は非公表だが、公称7.3kgの重量も一般的なミドルクラスのそれと変わりは無い。
 なお、各部詳細については個別に解説していくが、日本国内で発売される「Urban S31 Snow Edition」は専用モデルとして、グローバルモデルよりも標準搭載ファンの数が多い点は強調しておかなければならない。通常、フロントおよびリアに120mm口径ファンが各1基標準搭載されるのみだが、国内流通モデルはさらにトップ部に120mm口径×2基も装備されている。多くの国内ユーザーがトップ排気ファンを必要としていると考えた、メーカーおよび代理店の粋な計らいというワケだ。

U31
日本専用モデルでは、フロントおよびリアに加え、トップ部にも120mm口径ファン×2基を標準装備
次は...  「Urban S31 Snow Edition」外観セッション

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us