エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
ゲームに必要な機能を詰め込んだMicroATXマザーボード、MSI「Z270M MORTAR」は25日発売
メモリスロット流用の独自M.2拡張カードが面白い、ASUSのOC向けマザー「ROG MAXIMUS IX APEX」登場
5ギガビットLAN搭載。ASRockのウルトラハイエンド「Z270 SuperCarrier」が発売開始
Thermaltake、スタックできるビッグキューブ「Core X5」に両面強化ガラス搭載モデルを追加
「Mystic Light」対応のIntel Z270ゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING PRO」
ASRock、「X370 Taichi」などRyzen対応Socket AM4マザーボード全10モデル投入
ストレージ少ないけど激安。国内未発売の「Moto Z」32GBモデルが約6.5万円で販売中
AntecのVESAマウンタ対応Mini-ITXケース「ISK-110 VESA」、USB3.0を搭載してリニューアル
【コレオシ Vol.1421】電子レンジでご飯が炊ける「炊飯マグ」がパーツより売れる件
争奪戦必至のASUS製グラフィックスカードにマザーボードなど要チェック【ツクモパソコン本店】

HOTNEWS
● サーバーのノウハウを結集したゲーミングマザーボード、SuperO「C7Z270-CG」
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
3「必ず買いますよ」(2/22) ・・・複数ショップ店員談
4「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談
5ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」

Home > レビュー > 撮って出し
ライバルの登場。秀作MicroATXケース <br/>Fractal Design「ARC Mini R2」検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.288

ライバルの登場。秀作MicroATXケース
Fractal Design「ARC Mini R2」検証


2013年12月21日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 早いもので2013年も間もなくフィナーレ。自作業界の1年を振り返ると、ミドルタワークラスに比べ、スモールPCに注目が集まったように感じる。このクラスではMini-ITXやNUCが元気だが、自作ならではの拡張性を楽みたいという層には、やはりMicroATXの人気は高い。
 さて今回取り上げるのは、スカンジナビアデザインという前置きがすっかり定着した感のあるFractal Design(本社:スウェーデン)「ARC Mini R2」(型番:FD-CA-ARC-MINI-R2-BL-W)だ。国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)により販売が開始されたのは、11月上旬のこと。店頭に並び1ヶ月以上が経とうとしているワケだが(執筆時)、市場の評判も上々と聞く。前回の「Node 304」検証以来、3ヶ月振りのFractal Designブランドの新作PCケース。早速検証を始めるとしよう。
Fractal Design「ARC Mini R2」(型番:FD-CA-ARC-MINI-R2-BL-W)
市場想定売価税込9,980円(2013年11月8日発売)
製品情報(株式会社アスク)(Fractal Design

個人的にも非常に気になる「ARC Mini R2」

今回の主役、Fractal Design「ARC Mini R2」の評価サンプルが手元に届き、実は複雑な思いを抱いている。極めて個人的ながら、今年の夏に仕事用PCにと、数年振りにMicroATXを1台新調した。チョイスしたのは、某社の人気MicroATXケースだが、さて「ARC Mini R2」をいじり倒した後に心が動いたらどうしようかと、つまらない心配をしている。
 Fractal Designと言えば、これまで数台のモデルを検証してきたが、いずれも印象は悪くない。恐らく「ARC Mini R2」も上手くまとめてきているはずだ。今回は通常とは少々違った思いを抱きながら、微に入り細にわたり、検証を進めて行きたい。

R2
メーカー提供の画像を拝借。外装パッケージはいわゆる「茶箱」を採用。MicroATX対応のミニタワー筐体だけに、コンパクトで持ち運びもし易い。これなら店頭持ち帰りも許容範囲

次は...  「ARC Mini R2」の全体像

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us