エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
6月23日(金)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
アルミと強化ガラス採用のATX対応コンパクトPCケース、RAIJINTEK「THETIS WINDOW」アキバに登場
税抜12万円の最強フルタワー、Phanteks「Enthoo Elite」がオリオスペックに入荷~店頭販売は残り1台~
キーパッドを実装した、合計17ボタンのゲーミングレーザーマウスが上海問屋から
スリムでコンパクトなゲーミングPC「MSI Trident 3」1万円引きキャンペーン開催中
分離スタイルが話題を呼んだ小型メカニカルキーボードMISTEL「Barocco」にRGB LEDモデル登場
ドスパラGALLERIA、「ファイナルファンタジーXIV」推奨PCにコストパフォーマンスモデル追加
ドスパラ、スタンダードな15.6インチエンターテイメント向けノート
凹凸のある対象物も鮮明に表示できる、「同軸照明」対応の800倍マイクロスコープがサンコーから
天板に天然素材を採用した新感覚ペンタブレット、プリンストン「WoodPad」発売

HOTNEWS
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
● オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す
● TLC NAND最高クラスの性能を実現したNVMe SSD、PLEXTOR「M8Se」シリーズ検証


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
3寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
4オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す
5ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”

Home > レビュー > 撮って出し
ライバルの登場。秀作MicroATXケース <br/>Fractal Design「ARC Mini R2」検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.288

ライバルの登場。秀作MicroATXケース
Fractal Design「ARC Mini R2」検証


2013年12月21日
TEXT:GDM編集部 松枝 清顕
RSS
 早いもので2013年も間もなくフィナーレ。自作業界の1年を振り返ると、ミドルタワークラスに比べ、スモールPCに注目が集まったように感じる。このクラスではMini-ITXやNUCが元気だが、自作ならではの拡張性を楽みたいという層には、やはりMicroATXの人気は高い。
 さて今回取り上げるのは、スカンジナビアデザインという前置きがすっかり定着した感のあるFractal Design(本社:スウェーデン)「ARC Mini R2」(型番:FD-CA-ARC-MINI-R2-BL-W)だ。国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)により販売が開始されたのは、11月上旬のこと。店頭に並び1ヶ月以上が経とうとしているワケだが(執筆時)、市場の評判も上々と聞く。前回の「Node 304」検証以来、3ヶ月振りのFractal Designブランドの新作PCケース。早速検証を始めるとしよう。
Fractal Design「ARC Mini R2」(型番:FD-CA-ARC-MINI-R2-BL-W)
市場想定売価税込9,980円(2013年11月8日発売)
製品情報(株式会社アスク)(Fractal Design

個人的にも非常に気になる「ARC Mini R2」

今回の主役、Fractal Design「ARC Mini R2」の評価サンプルが手元に届き、実は複雑な思いを抱いている。極めて個人的ながら、今年の夏に仕事用PCにと、数年振りにMicroATXを1台新調した。チョイスしたのは、某社の人気MicroATXケースだが、さて「ARC Mini R2」をいじり倒した後に心が動いたらどうしようかと、つまらない心配をしている。
 Fractal Designと言えば、これまで数台のモデルを検証してきたが、いずれも印象は悪くない。恐らく「ARC Mini R2」も上手くまとめてきているはずだ。今回は通常とは少々違った思いを抱きながら、微に入り細にわたり、検証を進めて行きたい。

R2
メーカー提供の画像を拝借。外装パッケージはいわゆる「茶箱」を採用。MicroATX対応のミニタワー筐体だけに、コンパクトで持ち運びもし易い。これなら店頭持ち帰りも許容範囲

次は...  「ARC Mini R2」の全体像

1 2 3 4 5 6 7 8 9

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us