エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.284

ハイスペックな静音PCが組める! 600Wの“ファンレス”電源 玄人志向「KRPW-FL600W/92+」に注目

2013.11.28 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

いよいよ放熱の要となる内部の大型ヒートシンクがお目見え

次はいよいよ「KRPW-FL600W/92+」の分解に挑戦だ。容量600Wのファンレス運用を可能にしている冷却システムなどをじっくりチェックしていこう。
 ちなみに電源ユニットに関わらず、多くの製品は分解できないよう要所のネジなどに封印シールが貼られているが、なぜか「KRPW-FL600W/92+」は封印が見当たらなかった。中を見たい誘惑に駆られるが、開けてしまうと、一切のメーカー保証がなくなってしまうので、くれぐれも自重しよう。

KRPW-FL600W 4本のネジを外して「KRPW-FL600W/92+」を解体。ついに各部パーツを覆う大型ヒートシンクがお目見えだ。封印シールはないが、この状態にした時点で一切の保証がなくなる
大型ヒートシンクを内蔵しつつ、ボディの高さはATX規格準拠のため、パーツ群は隙間なく詰め込まれている
一次側のチョークコイルなどには熱伝導シートが備わっており、熱を大型ヒートシンクへ移動させている
ファンレス運用の要となる大型ヒートシンクの表面(左)と裏面(右)。サイズは約W137×D158×H24mmで、重さは約500g
各部パーツや電源基板からの熱は別のヒートシンクを介して大型ヒートシンクへ移動。またメイン/サブトランスなどは大型ヒートシンク直下に配置されている
一次側には日本ケミカルの105℃アルミ電解コンデンサーのKMRシリーズを採用。二次側は色や型番法則から察するに、台湾のTEAPO製だと思われる
totop