エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.284

ハイスペックな静音PCが組める! 600Wの“ファンレス”電源 玄人志向「KRPW-FL600W/92+」に注目

2013.11.28 更新

文:テクニカルライター・藤田 忠

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 CPUやマザーボード、グラフィックスカードなどに安定した電力を供給する電源ユニットは、PCの心臓部と言え、PCの安定動作に影響する超重要なパーツのひとつ。それだけに目新しい機能の搭載などはあまりなく、新製品やモデルチェンジが少ないジャンルだ。エルミタの電源ユニットレビューも少なかったりするのだが、今回はエルミタの琴線にふれる“ファンレス”仕様の電源ユニット「KRPW-FL600W/92+」玄人志向から発売された。最大92%以上の変換効率が要求される80PLUS PLATINUM認証を取得し、第4世代Core iシリーズとミドルハイGPUを組み合わせたPC構成にも安心して搭載できる電源容量600Wの完全ファンレス電源ユニットをじっくり分解&検証していこう。

無音、高効率、高品質の3拍子そろった「KRPW-FL600W/92+」

玄人志向「KRPW-FL600W/92+」 実勢売価税込20,000円前後
製品情報(玄人志向

電源ユニットの負荷に応じてファンを完全停止する準ファンレス電源こそ増えているが、“完全ファンレス”を掲げる製品は久々の登場だ。さらに電源容量が第4世代Core iシリーズの最上位となる「Corei7-4770K」に、人気あるハイミドルGPU「GeForce GTX 760」を搭載する構成にチョイスできる“600W”とあっては、ハイスペックな静音PCを組みたい人の物欲を大いに刺激するだろう。もちろん、「KRPW-FL600W/92+」の魅力はファンレス仕様と600Wの電源容量だけじゃない。電源ユニットの定番規格のひとつである80PLUS認証は、AC115V基準の最高クラスとなる50%負荷時、最大92%の高変換効率が要求される80PLUS PLATINUM認証を取得している。また、一次側コンデンサーに信頼性の高い日本メーカーの105℃アルミ電解コンデンサー、基板に経年劣化を抑えたガラスエポキシ両面基板などを採用しており、完全ファンレスでありながら、従来の玄人志向製電源ユニットと同じ3年間のメーカー保証になっている。
 ケーブルタイプは必要に応じて脱着可能なモジュラータイプ(一部)を採用し、電源オフ時の待機消費電力を削減する「ErP Lot6 Ready!」(要ErP Lot6対応マザーボード)、第4世代Core iシリーズのC6/C7ステートで必須になっている最小電流値「0.05A」の省電力マネジメントといった省電力機能もしっかりサポートされている。

手に取ると重みズッシリのパッケージ

大きく「ファンレス静音高効率電源」と書かれているパッケージの外形寸法は、従来の玄人志向製電源ユニットと大きく変わらないW235xD256xH105mmだが、重さは手に取るとズシッと手に来る3.46kgで、同容量クラスの電源ユニットと比べると、1キロ近くも重たくなっている。

パッケージは製品とファンレスの文字が大きく入っているが、玄人志向ならではシンプルなデザインになっている。一応、ボックスカラーは80PLUS PLATINUMにあわせて、プラチナをイメージしているようだ
KRPW-FL600W
パッケージの右上を見れば、ひと目で型番、電源容量、取得している80PLUSのランクがわかる玄人志向製電源ユニットではおなじみのデザインになっている。なお、モジュラータイプの各種ケーブルを除いた付属品は、アース線付きの電源ケーブルのみとシンプル
totop