エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
NTTレゾナント、3キャリアSIMが使えるDSDS対応SIMフリースマホ「gooのスマホ g07+」発売
4,980円で買えるマニアのオモチャ。懐かしのキーボード付きWindowsケータイ「T-01B」の未使用品が発掘
ドコモLTE対応の新品ディズニースマホが税込6,980円で特価販売中。在庫は1,000台以上
BIOSTARの最上位Intel Z270マザーボード「Z270GT9」が“Ultra HD Blu-ray”に対応
NVIDIA Quadro対応のクリエイター向けホワイトマザー、GIGABYTE「GA-Z270X-DESIGNARE」
iiyamaPC、デュアルXeon構成でQuadro搭載のワークステーション2種
3面強化ガラスパネルのコンパクトミドルタワー、XIGMATEK「PROSPECT」
プロゲーミングチームが認めたホワイト迷彩マザー、MSI「H270 TOMAHAWK ARCTIC DETONATOR EDITION」
【懐かしのPCパーツ図鑑】Vol.043 デュアルGPU搭載グラフィックスカードを98円で売ります
CFD&東芝製 SSDに日曜限定の特価モデル【パソコン工房秋葉原BUYMORE店】

HOTNEWS
● プロゲーミングチームが認めたホワイト迷彩マザー、MSI「H270 TOMAHAWK ARCTIC DETONATOR EDITION」
● MicroATXでGeForce GTX 1080搭載のデュアル水冷マシン、サイコム「G-Master Hydro Z270-Mini」
● 定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す
● 秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「店員歴を教えてください」
● 超静音志向のゲーミングPCが手軽に構築できる Palit「GeForce GTX 1050 Ti KalmX」


1定評のNASサーバー、Synology「DiskStation DS216j」でストレージ環境を見直す
2MicroATXでGeForce GTX 1080搭載のデュアル水冷マシン、サイコム「G-Master Hydro Z270-Mini」
3まさかの村田製作所が製造。これ以上ない超弩級の鉄壁電源、Cooler Master「MasterWatt Maker 1200 MIJ」
4NVMe SSD発熱問題の解決策。コスト1,000円以下でパフォーマンスは向上できる
5超静音志向のゲーミングPCが手軽に構築できる Palit「GeForce GTX 1050 Ti KalmX」

Home > レビュー > 撮って出し
BMWが手掛けた1ランク上のプレミアムなベアボーン、ASRock「M8」検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.282

BMWが手掛けた1ランク上のプレミアムなベアボーン、ASRock「M8」検証


2013年11月23日
TEXT:GDM編集部 Tawashi
RSS
 今年3月にドイツで行われた「CeBIT 2013」で初披露されたASRock Incorporation(本社:台湾)のゲーミングベアボーン「M8」。続く「COMPUTEX TAIPEI 2013」でIntel第4世代Coreプロセッサ“Haswell”デビューと同時にシェイクダウンされ、このほど日本で正式販売がスタートした。
 今回は国内正規代理店のマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)の協力により、「M8」の評価サンプルを入手。ASRockとBMW Group DesignworksUSAのタッグにより実現した縦置き・横置き両対応の最新ベアボーンをじっくりと解説していきたい。

ASRockが放つゲーマーのためのコンパクトベアボーン

ASRock「M8」 売価税込69,980円
製品情報(マスタードシード)(ASRock

マザーボードメーカーとして、自作派から高い支持を得ているASRock。取り扱いラインナップを見ても、ライトユーザー向けからゲーマー向け、さらにエンスージアスト向けまで幅広いラインナップを揃える。そんなASRockからこのほど登場したのが、今回取り上げるゲーミングベアボーン「M8」だ。
 自動車メーカーBMWのデザイン部門であるBMW Group DesignworksUSAとのタッグにより実現した、その近未来的フォルムこそ外観上の大きな特徴となっている。

本体カラーは、クリムゾンレッドとシックなストームブラックの2色構成。筺体素材はアルミニウム&スチールで、W372×L400×H123mmの外形寸法は、PCというよりはむしろコンシューマ向けの据え置き型ゲーム機に近い。ちなみに、「PlayStation 3(旧型)」(W325×L274×H98mm)と比べれば、サイズはひと回り大きい程度に収められている。

対応CPUは最新のIntel第4世代Coreプロセッサが搭載可能なLGA1150に対応。内部にはMini-ITXフォームファクタのマザーボード「Z87-M8」がマウントされ、スロットインタイプのスーパーマルチドライブ、450W SFX規格電源ユニットを標準で備える。
 なお、組込には別途、CPUとCPUクーラー、メモリ(DDR3 SO-DIMM)、ストレージデバイス(HDDもしくはSSD)、OSを用意しなければならない。

取っ手が設けられ、持ち運びに便利なパッケージには「M8」と“UNSTOPPABLE”と記載。サイズは実測でW420×D480×H185mmだった

次は...  「M8」の外観をぐるりとチェック

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us