エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.281

純血ゲーミングマシンのコアに選ぶMicroATXマザー最高峰 MSI「Z87M GAMING」

2013.11.20 更新

文:GDM編集部 絵踏 一

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
 MicroATXフォームファクタがローコストと省スペースの代弁者だったのは、すっかり過去の話になった。今やATX顔負けのモデルもリリースされるようになり、コンセプトマシンのコアとして見逃せない存在になっている。中でも昨今ユーザーの注目を集めているのが、とりわけ高いパフォーマンスが要求されるゲーミングモデルだ。
 今回取り上げるのは、その期待に応えるべくMSI(本社:台湾)がデビューさせたIntel Z87 Express搭載の「Z87M GAMING」。軍事規格準拠のコンポーネントが実現する高度なオーバークロック性能に加え、ゲーミング向けネットワークチップや高品位オーディオをつめ込んだ、まさにフル装備状態のマザーボードだ。小さいながらにゲーマーが求めるすべてを追求した、最高峰の1枚を堪能してみよう。
MSI「Z87M GAMING」 実勢売価18,980円前後
製品情報(エムエスアイコンピュータージャパン株式会社

小さいながらにピリリ。豪華仕様のゲーマー向けMicroATXマザー「Z87M GAMING」

MSIが展開するゲーミング向けレーベル「GAMING Series」初のMicroATXモデルとして登場した「Z87M GAMING」。Haswell世代のCPUパフォーマンスを最大限に引き出すIntel Z87 Expressを搭載、小さいながらにハイエンド極まる豪華仕様を引っさげて市場に投入された。
 MSI製品の代名詞ともいえる、軍事規格準拠の「ミリタリークラス 4コンポーネント」を搭載する高耐久設計により高いオーバークロック耐性を確保。さらにワンタッチで2段階のオーバークロックにチャレンジできるお手軽OC機能「OC Genie4」をサポートするなど、構成パーツのポテンシャルを引き出す装備が充実している。
 また、PCI-Express3.0(x16)×2を含む豊富な拡張スロット構成により、ハイエンド志向のゲーミングマシンには必須のSLI/CrossFireXのデュアルGPU環境をサポート。ネットワークチップには、遅延を最小限に抑えパフォーマンスを最適化する「Killer E2205」を標準実装、オンラインゲームにおけるアドバンテージも期待できる。

Intel Z87 Express搭載のMicroATXマザーボードにおける、希少なゲーミングモデル。従来のATXモデルから基板色がマットブラックに変更され、より引き締まった印象に様変わりした
基板裏には、サウンドのデジアナ分離LEDなど若干のチップが搭載されているのみ。搭載機能のロゴマークが目立つ程度で、シンプルな眺めをしている

さらにゲーミングシーンを彩る周辺機能も抜かりなし。クリアなヘッドホンサウンドが味わえる独自回路「Audio Boost」を搭載するほか、サウンド環境を改善する「Sound Blaster Cinema」に対応。ゲーム中における効果音の再現度も向上し、臨場感あふれるプレイが楽しめる。また、高ポーリングレート(500~1,000Hz)デバイス使用時のレスポンスを向上させる「ゲーミングデバイスポート」を装備。「Z87M GAMING」は、まさにゲーマーが求めるほぼすべての機能を結集させたマザーボードと言える。

「GAMING Series」のトレードマークであるドラゴンが意匠されたパッケージ。ほぼATXモデルと同じデザインながら、一回り小さい方形になっている
パッケージ裏には搭載機能の解説がズラリ。内箱にはSATAケーブルやSLIブリッジケーブル、I/Oパネル、マニュアル、ドライバCDなどに加え、特製のドアハンガーに至るまでが付属品として収められている

totop