エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.277

究極の水冷エンスージアストモデル Phanteks「Enthoo Primo Ultimate Chassis」

2013.11.08 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket

ラジエター搭載可能箇所総チェック

熱源を通り、循環させた冷却水を冷やすために重要な”中継点”となるラジエター。現在自作パーツショップでは最小120mmサイズから、120mm口径ファンを4基並べて搭載できる480mmサイズまで、複数メーカーから汎用品が発売されている。とはいえ、実際にマウントできるだけのスペースが割かれたPCケースの選択肢は限られている。そんな現状にあって、水冷に特化された設計が自慢の「Enthoo Primoは、実に貴重な存在と言えるだろう。

Enthoo Primo
WATERCOOLING RADIATOR COMPATIBILITY

「Enthoo Primo」のラジエター搭載スペースは「WATERCOOLING RADIATOR COMPATIBILITY」に詳しく紹介されている。これによると、数えること計5箇所にそのスペースが設けられており、箇所別に搭載可能なラジエターサイズ(長さ)が開示されている。特に480mmサイズのラジエターが、PCケース内部にマウントできる点は象徴的で、最も「Enthoo Primo」の明確なコンセプトが体現されている。

フロント下部

BlueLED内蔵の140mm口径ファン×2基が標準搭載される箇所には、120mmまたは240mmサイズラジエターが搭載できる。つまり冷却ファンの最大口径は120mmという計算。HDDケージとはトレードオフの関係にあるため、GPU用など、セカンダリ用途での使用が想定できる。

Enthoo Primo
フロント140mm吸気ファン×2基のスペースには、120mmまたは240mmサイズラジエターが搭載可能

トップパネル部

一般的なミドルタワーPCケースでも、ラジエター搭載スペースとして活用されるトップパネル部。ここには120mmまたは140mm、240mmまたは280mm、360mmまたは420mm、そして480mmの計7パターンのラジエターが搭載できるようになっている。「Enthoo Primo」で最も広く割かれたスペースだけに、冷却ファンは120mm、140mmいずれも対応。まさに「水冷やりたい放題」といった具合だ。

Enthoo Primo
どんなサイズでも搭載できる、トップ部のラジエター搭載スペース。ちなみに420mm/480mmサイズの場合、最大70mm厚という制限がある

リア部

背面排気ファンのマウントスペースといえば、オールインワン水冷キットではラジエターの指定席的な存在。多くの120mmサイズラジエターがここを使用するワケだが、「Enthoo Primo」では120mmに加え140mmサイズラジエターも装着できる。

Enthoo Primo
120mmに加え、140mmサイズラジエターがマウントできるあたり、「Enthoo Primo」の横幅がいかに広いかが分かる

ボトム部

トップ部に次いでマウントスペースが広いボトム部には、予め「Bottom Radiator Bracket」が装着されている。このブラケットを使う事で120mm、140mm、240mm、280mm、計4種類のラジエターがマウントできる。さらに「Bottom Radiator Bracket」とHDDケージを取り外せば、360mm、480mmサイズラジエターまでに対応。ただし横幅の制限があり、360mmと480mmは幅125mmまで、140mmと280mmは幅145mmまでとされる。

Enthoo Primo
「Bottom Radiator Bracket」の着脱はリア2個、HDDケージ部両側面各1個、合計4本のネジを取り外す必要がある
Enthoo Primo
HDDケージエリアは幅が狭くなるため、搭載できるラジエターの幅も145mmから125mmになる。ラジエター長によりサポートサイズが変わる点には注意が必要だ

HDDケージ(2.5/3.5インチ共用シャドウベイ)部

HDDケージ(2.5/3.5インチ共用シャドウベイ)部側面にもラジエター搭載スペースがある。ここには120mm口径の穴が2つ空けられた「Side Radiator Bracket」を使用。120mmまたは240mmラジエターがマウントできる。なおこの部分にラジエターを装着する場合は、HDDケージが使用できなくなる事を覚えておこう。

Enthoo Primo Enthoo Primo
付属品茶箱に同個されている「Side Radiator Bracket」
Enthoo Primo
「Side Radiator Bracket」に240mmサイズラジエターと25mm厚120mm口径冷却ファン2基をマウントさせてみたところ。なおスペース的な観点から、ラジエターのフィッティング接続口はストレートよりもL字型を用意したい
Enthoo Primo
HDDケージ(2.5/3.5インチ共用シャドウベイ)を取り払い、上下各2個のハンドスクリューで「Side Radiator Bracket」は固定可能。ブラケットからサイドパネルまでの間のスペースも、25mm厚冷却ファンがマウントできるだけの余裕がある

Enthoo Primo

Enthoo Primo
120mm FORM FACTOR RADIATORS/140mm FORM FACTOR RADIATORS
totop