エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.271

これで全てが分かる
Cooler Master 「CM 690 III」徹底解説

2013.10.19 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 PCケースのベストセラー「CM 690」が3世代目に進化し、市場デビューを果たした。派生モデルはありつつ2010年4月の初代登場以来、約3年半振りのフルモデルチェンジだ。定番PCケースとして長きにわたり支持され、多くのプライベートブランドPC(BTO)にも採用されているのはご存じの通り。実績に裏打ちされた人気モデルのフルモデルチェンジとあって、多くの期待が集まるのは当然のことだろう。
 そこで今回はCooler Master(本社:台湾)から製品版サンプルを借り受け、その進化のほどをくまなくチェックしていこう。

第3世代に移行した「CM 690」シリーズ最新作

前作「CM 690 II Plus」(型番:RC-692-KKN1)のファーストインプレッションをお届けしたのは、2010年4月のことだった。初代「CM 690」(2007年10月デビュー)の圧倒的インパクトを小変更で引き継いだ2代目もコンスタントに売れ続け、未だに古さを感じさせない。そして2013年9月、3世代目にあたる「CM 690 III」が国内市場でデビューを果たした。初代機登場から経過すること約6年のロングセラーシリーズだ。

今年6月のCOMPUTEX TAIPEIでお披露目された「CM 690 III」は、外観上での大幅な変更は回避され、初代モデルからの正常進化を経て堅実なモデルチェンジに留められた。そこはCooler Masterの看板モデルだけあって、無茶なギャンブルには出にくい所があるのだろう。

CM 690 III 今年のCOMPUTEXでお披露目された「CM 690 III」。外観を含め内部構造に大きな変更がなく9月に国内市場へ投入された

とはいえ、内部設計には外観では感じられない「進化振り」が見て取れる。ブースレポートでも触れているが、カスタマイズ可能なシャドウベイをはじめ、新機構を備えた専用トレイ、さらに水冷ユニット搭載を意識した冷却ファンレイアウトなど、自作市場の変化に合わせた意欲作という印象だ。
 そこで今回は製品サンプルをCooler Masterから借り受け、現在の自作市場に合った最新の「CM 690」シリーズに迫っていきたい。

CM 690 III
Cooler Master「CM 690 III」 市場想定売価税込16,000円(9月14日発売)
製品情報(Cooler Master Technology
CM 690 III Cooler Masterのコーポレートカラーである紫をあしらった外装箱。さすがに看板モデルだけあって、カラー写真を使ったデザインパッケージを採用。サイズは実測約W285×D570×H560mmだった

CM 690 III

totop