エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
【ギークの殿堂 Vol.031】Androidスマホ史上最高の感動をありがとう!美しく最強な「Mi Mix」を手に入れたぞ
【コレオシ Vol.1418】「Tegra X1」搭載の最新Androidゲーム機「SHIELD PRO」あります
2月20日(月)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
RGB LED対応のCherry赤軸搭載ゲーミングキーボード、Ozone「SPECTRA」シリーズ
GTX 10シリーズ標準の「PSO2:設定6」推奨デスクトップPC計4モデルがLEVEL∞から
iiyamaPC、STYLE∞からKaby Lake標準の15.6型フルHDノートPC計3機種発売
ケーブル不要。どこでも使える充電式Cube型ポータブルプロジェクターがサンコーから
4系統のディスプレイ出力を搭載するIntel Q270マザーボード、ASUS「Q270M-C/CSM」
「おすそわけ充電」対応の8インチLTEタブレット「LG G Pad 8.0 Ⅲ」、J:COMから発売
11台の3.5インチドライブを同時コピーできるデュプリケーター、Addonics「Jasper II 11S」

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説
3細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
4NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
5「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談

Home > レビュー > 撮って出し
RAID 0で1.6GB/s達成。PLEXTOR「M5 Pro Xtreme」とIntel 8シリーズによるRAIDパフォーマンス検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.262

RAID 0で1.6GB/s達成。PLEXTOR「M5 Pro Xtreme」とIntel 8シリーズによるRAIDパフォーマンス検証


2013年9月1日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 これまでたびたび「撮って出しレビュー」に登場してきた、PLEXTORブランドのフラグシップSSD「M5 Pro/Xtreme」シリーズ。単体性能もさることながら、過去2度に渡ってお届けしたRAIDレビューではAMDIntelいずれのプラットフォームでも、PCI-Express接続のSSDに匹敵する優れたパフォーマンスを発揮してくれた。
 ここまでくると気になるのが、Intelチップセットでは初めてSATA3.0(6Gbps)を6ポート搭載するIntel 8シリーズの存在だ。そこで今回は追試の意味も兼ねて、Intel 8シリーズと「M5 Pro Xtreme」によるRAIDパフォーマンスを検証してみたい。
PLEXTOR
PLEXTOR「PX-256M5Pro」(256GB)
実勢価格23,000円前後
製品情報(PLEXTOR/リンクスインターナショナル

SATA3.0(6Gbps)が最大6ポートに拡張されたIntel 8シリーズ

2011年に登場したIntel 6シリーズ以降、Intelのコンシューマ向けチップセットは、ハイエンド、メインストリームに関係なくSATA3.0(6Gbps)は2ポートに制限されていた。これは最大8ポートを備える、AMDプラットフォームに比べるとかなり手薄で、特に高速なSSDを複数台使用する上では大きなデメリットになっていた。
 しかし、今年6月に解禁されたIntel 8シリーズでは、ついにSATA3.0(6Gbps)が6ポートへと拡張。RAIDレベルも0/1/5/10に対応しており、標準的な運用であればAMDプラットフォームと変わらない、充実したストレージ環境を構築できるようになった。そんな新チップセットIntel 8シリーズと、人気SSDであるPLEXTOR「M5 Pro Xtreme」シリーズを組み合わせて、RAID性能を堪能してみようというのが、本稿の趣旨だ。

PLEXTOR
Intel 8シリーズ主要チップセットのストレージ対応
PLEXTOR
Intel Z87 Expressのブロックダイアグラム。最新インターフェイスが拡張され、SATA3.0(6Gbps)は6ポート、USB3.0も6ポート実装していることが確認できる

テスト機材紹介

実際のRAID検証に先立ち、まずはテスト機材を紹介しておこう。マザーボードには、Intel 8シリーズのフラグシップチップ、Intel Z87 Expressを搭載したGIGABYTE「Z87-D3HP」を用意した。外部SATAコントローラを実装しないシンプルなATXマザーボードで、オンボードSATAはすべてチップセット直結。読者諸氏が同様の構成を試してみる場合でも、SSDの接続ポートに迷う心配はないだろう。

Intel Z87 Expressを搭載したLGA1150向けマザーボードGIGABYTE「Z87-D3HP」
CPUのオーバークロックにも対応する、最上位チップセットIntel Z87 Express 基板右下に配置されたSATAポートはすべてチップセット直結。ポート番号もシルク印刷されているため、迷わず接続できる

SSDは「M5 Pro Xtreme」シリーズの256GBモデル「PX-256M5Pro」をチョイス。ちなみに6ポートのうち、2ポートにはデータ用HDDと光学ドライブを接続するのが標準的と考え、今回は4台を確保して、RAID構成に挑戦することにした。なお「PX-256M5Pro」のスペックやパフォーマンスについては、こちらのレビューに詳しいので合わせて参照いただきたい。

次は...  Intel Z87 ExpressチップセットでRAID 0を構築する

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us