エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
キーパッドを実装した、合計17ボタンのゲーミングレーザーマウスが上海問屋から
スリムでコンパクトなゲーミングPC「MSI Trident 3」1万円引きキャンペーン開催中
分離スタイルが話題を呼んだ小型メカニカルキーボードMISTEL「Barocco」にRGB LEDモデル登場
ドスパラGALLERIA、「ファイナルファンタジーXIV」推奨PCにコストパフォーマンスモデル追加
ドスパラ、スタンダードな15.6インチエンターテイメント向けノート
凹凸のある対象物も鮮明に表示できる、「同軸照明」対応の800倍マイクロスコープがサンコーから
天板に天然素材を採用した新感覚ペンタブレット、プリンストン「WoodPad」発売
SHARKOON、前・左側面に強化ガラスを採用したLEDファン内蔵ケース「TG5」シリーズ
UMAX、3D TLC NAND採用の2.5インチSATA3.0 SSD「S350TD256」発売
リフレッシュレート最高166Hz。G-SYNC対応の曲面ウルトラワイド液晶、LG「34UC89G-B」

HOTNEWS
● ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”
● 数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
● 転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
● オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す
● TLC NAND最高クラスの性能を実現したNVMe SSD、PLEXTOR「M8Se」シリーズ検証


1数千台のスマホはどうやってお店に並ぶ?イオシスの物流拠点「リファビッシュセンター」潜入記
2転送速度7GB/s超え。「LIQID Element」で体験するエンタープライズNVMe SSDの世界
3寝ながらゲームに没頭、ダメ人間を量産してしまう危険な「コクピット型ゲーミングデスク」が提案される
4オリジナル版Radeon RX 580カードのコスパ最強モデル、HIS「RX580 IceQX2 OC 8GB」を試す
5ウルトラハイエンドVGAの新たな選択肢! ZOTAC“GTX1080 Ti AMP Extreme Core Edition”

Home > レビュー > 撮って出し
RAID 0で1.6GB/s達成。PLEXTOR「M5 Pro Xtreme」とIntel 8シリーズによるRAIDパフォーマンス検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.262

RAID 0で1.6GB/s達成。PLEXTOR「M5 Pro Xtreme」とIntel 8シリーズによるRAIDパフォーマンス検証


2013年9月1日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 これまでたびたび「撮って出しレビュー」に登場してきた、PLEXTORブランドのフラグシップSSD「M5 Pro/Xtreme」シリーズ。単体性能もさることながら、過去2度に渡ってお届けしたRAIDレビューではAMDIntelいずれのプラットフォームでも、PCI-Express接続のSSDに匹敵する優れたパフォーマンスを発揮してくれた。
 ここまでくると気になるのが、Intelチップセットでは初めてSATA3.0(6Gbps)を6ポート搭載するIntel 8シリーズの存在だ。そこで今回は追試の意味も兼ねて、Intel 8シリーズと「M5 Pro Xtreme」によるRAIDパフォーマンスを検証してみたい。
PLEXTOR
PLEXTOR「PX-256M5Pro」(256GB)
実勢価格23,000円前後
製品情報(PLEXTOR/リンクスインターナショナル

SATA3.0(6Gbps)が最大6ポートに拡張されたIntel 8シリーズ

2011年に登場したIntel 6シリーズ以降、Intelのコンシューマ向けチップセットは、ハイエンド、メインストリームに関係なくSATA3.0(6Gbps)は2ポートに制限されていた。これは最大8ポートを備える、AMDプラットフォームに比べるとかなり手薄で、特に高速なSSDを複数台使用する上では大きなデメリットになっていた。
 しかし、今年6月に解禁されたIntel 8シリーズでは、ついにSATA3.0(6Gbps)が6ポートへと拡張。RAIDレベルも0/1/5/10に対応しており、標準的な運用であればAMDプラットフォームと変わらない、充実したストレージ環境を構築できるようになった。そんな新チップセットIntel 8シリーズと、人気SSDであるPLEXTOR「M5 Pro Xtreme」シリーズを組み合わせて、RAID性能を堪能してみようというのが、本稿の趣旨だ。

PLEXTOR
Intel 8シリーズ主要チップセットのストレージ対応
PLEXTOR
Intel Z87 Expressのブロックダイアグラム。最新インターフェイスが拡張され、SATA3.0(6Gbps)は6ポート、USB3.0も6ポート実装していることが確認できる

テスト機材紹介

実際のRAID検証に先立ち、まずはテスト機材を紹介しておこう。マザーボードには、Intel 8シリーズのフラグシップチップ、Intel Z87 Expressを搭載したGIGABYTE「Z87-D3HP」を用意した。外部SATAコントローラを実装しないシンプルなATXマザーボードで、オンボードSATAはすべてチップセット直結。読者諸氏が同様の構成を試してみる場合でも、SSDの接続ポートに迷う心配はないだろう。

Intel Z87 Expressを搭載したLGA1150向けマザーボードGIGABYTE「Z87-D3HP」
CPUのオーバークロックにも対応する、最上位チップセットIntel Z87 Express 基板右下に配置されたSATAポートはすべてチップセット直結。ポート番号もシルク印刷されているため、迷わず接続できる

SSDは「M5 Pro Xtreme」シリーズの256GBモデル「PX-256M5Pro」をチョイス。ちなみに6ポートのうち、2ポートにはデータ用HDDと光学ドライブを接続するのが標準的と考え、今回は4台を確保して、RAID構成に挑戦することにした。なお「PX-256M5Pro」のスペックやパフォーマンスについては、こちらのレビューに詳しいので合わせて参照いただきたい。

次は...  Intel Z87 ExpressチップセットでRAID 0を構築する

1 2 3 4 5 6

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us