エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.262

RAID 0で1.6GB/s達成。PLEXTOR「M5 Pro Xtreme」とIntel 8シリーズによるRAIDパフォーマンス検証

2013.09.01 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 これまでたびたび「撮って出しレビュー」に登場してきた、PLEXTORブランドのフラグシップSSD「M5 Pro/Xtreme」シリーズ。単体性能もさることながら、過去2度に渡ってお届けしたRAIDレビューではAMDIntelいずれのプラットフォームでも、PCI-Express接続のSSDに匹敵する優れたパフォーマンスを発揮してくれた。
 ここまでくると気になるのが、Intelチップセットでは初めてSATA3.0(6Gbps)を6ポート搭載するIntel 8シリーズの存在だ。そこで今回は追試の意味も兼ねて、Intel 8シリーズと「M5 Pro Xtreme」によるRAIDパフォーマンスを検証してみたい。
PLEXTOR
PLEXTOR「PX-256M5Pro」(256GB)
実勢価格23,000円前後
製品情報(PLEXTOR/リンクスインターナショナル

SATA3.0(6Gbps)が最大6ポートに拡張されたIntel 8シリーズ

2011年に登場したIntel 6シリーズ以降、Intelのコンシューマ向けチップセットは、ハイエンド、メインストリームに関係なくSATA3.0(6Gbps)は2ポートに制限されていた。これは最大8ポートを備える、AMDプラットフォームに比べるとかなり手薄で、特に高速なSSDを複数台使用する上では大きなデメリットになっていた。
 しかし、今年6月に解禁されたIntel 8シリーズでは、ついにSATA3.0(6Gbps)が6ポートへと拡張。RAIDレベルも0/1/5/10に対応しており、標準的な運用であればAMDプラットフォームと変わらない、充実したストレージ環境を構築できるようになった。そんな新チップセットIntel 8シリーズと、人気SSDであるPLEXTOR「M5 Pro Xtreme」シリーズを組み合わせて、RAID性能を堪能してみようというのが、本稿の趣旨だ。

PLEXTOR
Intel 8シリーズ主要チップセットのストレージ対応
PLEXTOR
Intel Z87 Expressのブロックダイアグラム。最新インターフェイスが拡張され、SATA3.0(6Gbps)は6ポート、USB3.0も6ポート実装していることが確認できる

テスト機材紹介

実際のRAID検証に先立ち、まずはテスト機材を紹介しておこう。マザーボードには、Intel 8シリーズのフラグシップチップ、Intel Z87 Expressを搭載したGIGABYTE「Z87-D3HP」を用意した。外部SATAコントローラを実装しないシンプルなATXマザーボードで、オンボードSATAはすべてチップセット直結。読者諸氏が同様の構成を試してみる場合でも、SSDの接続ポートに迷う心配はないだろう。

Intel Z87 Expressを搭載したLGA1150向けマザーボードGIGABYTE「Z87-D3HP」
CPUのオーバークロックにも対応する、最上位チップセットIntel Z87 Express 基板右下に配置されたSATAポートはすべてチップセット直結。ポート番号もシルク印刷されているため、迷わず接続できる

SSDは「M5 Pro Xtreme」シリーズの256GBモデル「PX-256M5Pro」をチョイス。ちなみに6ポートのうち、2ポートにはデータ用HDDと光学ドライブを接続するのが標準的と考え、今回は4台を確保して、RAID構成に挑戦することにした。なお「PX-256M5Pro」のスペックやパフォーマンスについては、こちらのレビューに詳しいので合わせて参照いただきたい。

totop