エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.251

フル装備のゲーマー向けマザーボード、GIGABYTE「G1.Sniper 5」の実力検証

2013.07.27 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
 ワールドワイドでのPCゲーマーの増加もあり、Intel 8シリーズではこれまで以上に多くのメーカーから、ゲーマー向けマザーボードが数多くラインナップされている。とりわけ花型とも言えるハイエンドモデルは、各社ともに持てる技術の粋を集めた魅力的な製品がひしめく激戦区だ。
 そんな中から、今回はGIGABYTEのE-ATXマザーボード「G1.Sniper 5」をチョイス。オペアンプ交換に対応した高音質サウンド回路を始め、4-WayマルチグラフィックスサポートやUltra Durable(TM) 5 Plus対応など、細部までこだわったその実力をじっくりと検証していくことにしよう。
G1.Sniper 5
GIGABYTE「G1.Sniper 5」
実勢価格45,000円前後
製品情報(日本ギガバイト

「G1-Killer」シリーズのフラグシップモデル
「G1.Sniper 5」

今回検証する「G1.Sniper 5」は、最新ゲーミングマザーボード「G1-Killer」シリーズのフラグシップモデル。チップセットにはIntel Z87 Expressチップを採用し、品質規格は「Ultra Durable(TM) 5 Plus」に準拠する。また電源回路には、定評のあるInternational Rectifier(以下IR)製デジタルPWMコントローラとIR製ICチップ「PowIRstage(R)」を採用し、ゲームプレイのような高負荷が長時間続く環境でも、温度上昇を抑え、安定した電源供給を実現している。

G1.Sniper 5
ゲーミングPCで最も重要な安定性を確保するため、徹底的にこだわった電源周り

歴代の「G1.Sniper」シリーズと同様、音質にこだわったサウンド回路も特徴のひとつ。周囲のコンポーネントからのノイズを防ぐため、サウンド回路はアナログ・オーディオ分を分離させた設計がなされている。さらにCreativeのクアッドコアプロセッサ「Sound Core3D」交換可能なスピーカー用オペアンプ、ニチコン製オーディオ用コンデンサなど、搭載コンポーネントにもこだわり、ハイエンドサウンドカードに匹敵する高音質なサウンド環境を提供する。

G1.Sniper 5
ブラックを基調にグリーンが映える「G1.Sniper 5」。さまざまな機能を詰め込んでいるため、フォームファクタはE-ATXサイズ
G1.Sniper 5 基板背面には、目立ったコンポーネントは搭載されずシンプルな構成だ

続いて、拡張面に目を向けると、SATA3.0(6Gbps)とUSB3.0をそれぞれ10ポート実装。拡張スロットはPCI-Express3.0(x16)×2、PCI-Express3.0(x8)×2(x16形状)、PCI-Express2.0(x1)×3を備え、PLX製ブリッジチップにより、4-Way NVIDIA SLI/AMD CrossFireXをサポート。またKillerシリーズとIntelチップのデュアルギガビットLANや、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN/Bluetoothコンボカードを標準装備するなど、ゲーマーが要求する機能はほぼすべて網羅されている。

G1.Sniper 5 G1.Sniper 5
ブラックを基調としたシックなデザインのパッケージ。サイズは実測で380×320×130mmとかなり大柄 パッケージ裏面には各種機能の詳細な説明が記載されていた
G1.Sniper 5 付属品一式。マニュアルやドライバCDの他、交換用オペアンプキット、4-Way SLIブリッジ、IEEE 802.11a/b/g/n無線LAN/Bluetoothコンボカードなどが同梱される

なお「G1.Sniper 5」シリーズには、今回検証する「G1.Sniper 5」以外にも魅力的な製品がラインナップされている。そこでレビューを進める前に、その他の製品についても簡単に紹介しておこう。

totop