エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.238

NANDフラッシュ変更の影響を探る。PLEXTOR「M5 Pro」「M5 Pro Xtreme」徹底検証

2013.05.29 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 安定かつ高いパフォーマンスから、SATA3.0対応SSDの鉄板モデルとして定着したPLEXTOR「M5 Pro」シリーズ。今年1月には、NANDフラッシュのパッケージ変更が正式アナウンスされ、新たに「M5 Pro Xtreme」シリーズとなってリニューアルされた。当然SSD担当としては、気になる仕様変更であったが、実機に触れる機会に恵まれず延び延びになっていた。
 そこで今回の撮って出しレビューでは、遅ればせながら各シリーズの256GBモデル「PX-256M5P」(M5 Proシリーズ)「PX-256M5Pro」(M5 Pro Xtremeシリーズ)をPLEXTORブランドの国内正規代理店である株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より拝借。NANDフラッシュ変更の影響を探るべく、徹底的に検証していく。
PX-256M5
PLEXTOR「PX-256M5Pro」と「PX-256M5P」
実勢価格23,000円前後

製品情報(PLEXTOR)(リンクスインターナショナル「PX-256M5Pro」/リンクスインターナショナル「PX-256M5P」

BGAからTSOPへとパッケージ変更された「M5 Pro」「M5 Pro Xtreme」シリーズ

19nmプロセスの東芝製Toggle MLC NANDフラッシュとMarvell製コントローラ「88SS9174」を搭載した「M5 Pro」シリーズに対し、仕様変更がアナウンスされたのは今年1月のこと。アナウンスによれば、NANDフラッシュの供給パッケージをBGA型(ページサイズ8KB)からTSOP型(ページサイズ16KB)へ、さらに基板自体もTSOP型に最適化したものに変更されているとのこと。
 ちなみにページサイズが大きくなるとリソース使用量が増え、パフォーマンスや耐久性への影響が懸念されるが、「バッファーマネジメント方式」を改良した最新ファームウェアで、無駄なガーベッジコレクションを減らし耐久性を確保。さらに「M5 Pro Xtreme」では、フラッシュメモリ搭載数を増やし、I/O数を倍増させることで既存モデルと同等のパフォーマンスを維持している。

なおこの変更に伴ない、製品型番の末尾は「M5P」から「M5Pro」へと変更されているが、PLEXTORの製品ホームページでは、「M5 Pro」と「M5 Pro Xtreme」は区別されておらず、CrystalDiskInfo 5.6.2の結果でも違いはなかった。今回の検証では、便宜上「M5 Pro」を「PX-256M5P」、「M5 Pro Xtreme」シリーズを「PX-256M5Pro」として表記するが、基本的には同一モデルとして考えて良さそうだ。ちなみにファームウェアについてリンクスインターナショナルのサポート担当窓口に確認したところ、「アップデータは共通だがそれぞれに最適化されたものが採用されている」とのこと。

PLEXTOR
PLEXTOR
「M5 Pro」(上)と「M5 Pro Xtreme」(下)のCrystalDiskInfo 5.6.2の結果。シリアルナンバー以外に違いはなく、ソフトウェア上からはまったく同一モデルとして認識される

PLEXTOR

totop