エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
奥行き140mmのショートサイズ。ZALMAN「LE」シリーズ計3容量発売
PLEXTOR初のNVMe対応M.2 SSD「M8PeG」は27日発売開始~1TBで税込約4.6万円~
数えたくないほどの大量入荷。イオシス アキバ路地裏店で1,980円からのジャンクスマホ販売中
M.2 SSDユーザーに朗報。SSDを強力に冷却する変換アダプタaquacomputer「KryoM.2」登場
ELSA、シロッコファン内蔵外排気クーラー搭載のGeForce GTX 1070/1080 STシリーズ2種
サンコー、PCのサブディスプレイにもなるHDMI搭載カメラ用7インチ液晶モニタを直販限定発売
高速CPUと高性能アンテナでマルチデバイスに強い802.11acルーター、ASUS「RT-AC58U」
microUSBケーブルをマグネットコネクタにする格安変換アダプタが上海問屋から
MSI、9月1日よりマザーボードの“ピン折れ無償修理保証”提供開始
往年のPCエンジンをフルデジタル出力、驚きの高画質で楽しめるDVI変換「うーぱーぐらふぃくす」が発売

HOTNEWS
● 想像以上に使える、汎用性抜群な上海問屋の6インチ液晶自作キットをいじり倒す
● これで全てが分かる。 Aerocool「DS 230」徹底解説
● 秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「使用中の電源ユニットを教えてください」
● Thermaltake幹部スタッフが語る DIY水冷市場参入のワケ
● 高付加価値の満足度で選ぶ、GIGABYTEの最新ミドルグラフィックス「GeForce GTX 1060 G1 Gaming 6G」


1想像以上に使える、汎用性抜群な上海問屋の6インチ液晶自作キットをいじり倒す
2これで全てが分かる。 Aerocool「DS 230」徹底解説
3秋葉原PCパーツ系STAFFに聞きました。「使用中の電源ユニットを教えてください」
4Thermaltake幹部スタッフが語る DIY水冷市場参入のワケ
5限りなくコンパクトなハイエンドマシンが組める、ThermaltakeのスリムATXケース「Core G3」登場

Home > レビュー > 撮って出し
NANDフラッシュ変更の影響を探る。PLEXTOR「M5 Pro」「M5 Pro Xtreme」徹底検証
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.238

NANDフラッシュ変更の影響を探る。PLEXTOR「M5 Pro」「M5 Pro Xtreme」徹底検証


2013年5月29日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 安定かつ高いパフォーマンスから、SATA3.0対応SSDの鉄板モデルとして定着したPLEXTOR「M5 Pro」シリーズ。今年1月には、NANDフラッシュのパッケージ変更が正式アナウンスされ、新たに「M5 Pro Xtreme」シリーズとなってリニューアルされた。当然SSD担当としては、気になる仕様変更であったが、実機に触れる機会に恵まれず延び延びになっていた。
 そこで今回の撮って出しレビューでは、遅ればせながら各シリーズの256GBモデル「PX-256M5P」(M5 Proシリーズ)「PX-256M5Pro」(M5 Pro Xtremeシリーズ)をPLEXTORブランドの国内正規代理店である株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より拝借。NANDフラッシュ変更の影響を探るべく、徹底的に検証していく。
PX-256M5
PLEXTOR「PX-256M5Pro」と「PX-256M5P」
実勢価格23,000円前後

製品情報(PLEXTOR)(リンクスインターナショナル「PX-256M5Pro」/リンクスインターナショナル「PX-256M5P」

BGAからTSOPへとパッケージ変更された「M5 Pro」「M5 Pro Xtreme」シリーズ

19nmプロセスの東芝製Toggle MLC NANDフラッシュとMarvell製コントローラ「88SS9174」を搭載した「M5 Pro」シリーズに対し、仕様変更がアナウンスされたのは今年1月のこと。アナウンスによれば、NANDフラッシュの供給パッケージをBGA型(ページサイズ8KB)からTSOP型(ページサイズ16KB)へ、さらに基板自体もTSOP型に最適化したものに変更されているとのこと。
 ちなみにページサイズが大きくなるとリソース使用量が増え、パフォーマンスや耐久性への影響が懸念されるが、「バッファーマネジメント方式」を改良した最新ファームウェアで、無駄なガーベッジコレクションを減らし耐久性を確保。さらに「M5 Pro Xtreme」では、フラッシュメモリ搭載数を増やし、I/O数を倍増させることで既存モデルと同等のパフォーマンスを維持している。

なおこの変更に伴ない、製品型番の末尾は「M5P」から「M5Pro」へと変更されているが、PLEXTORの製品ホームページでは、「M5 Pro」と「M5 Pro Xtreme」は区別されておらず、CrystalDiskInfo 5.6.2の結果でも違いはなかった。今回の検証では、便宜上「M5 Pro」を「PX-256M5P」、「M5 Pro Xtreme」シリーズを「PX-256M5Pro」として表記するが、基本的には同一モデルとして考えて良さそうだ。ちなみにファームウェアについてリンクスインターナショナルのサポート担当窓口に確認したところ、「アップデータは共通だがそれぞれに最適化されたものが採用されている」とのこと。

PLEXTOR
PLEXTOR
「M5 Pro」(上)と「M5 Pro Xtreme」(下)のCrystalDiskInfo 5.6.2の結果。シリアルナンバー以外に違いはなく、ソフトウェア上からはまったく同一モデルとして認識される

PLEXTOR

次は...  「M5 Pro」と「M5 Pro Xtreme」の違いを外観からチェック

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us