エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.231

SHOP STAFF三匹が斬る!店頭からのPLEXTOR「M5 Pro Xtreme」ユーザーレビュー

2013.05.02 更新

文:GDM編集部 絵踏 一/池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 ロングセラーの鉄板モデルとして市場でも未だに高い人気を誇るPLEXTORブランドの「M5 Pro Xtreme」シリーズ。これまで当エルミタでも様々な切り口からその魅力をレビューしてきたが、今回はちょっと趣向を変えて、アキバ店頭を巻き込んでの特別企画をお送りしよう。
 ズバリ今回のレビュアーは、アキバで働くSHOP STAFF。自作スペシャリストのパーツ系STAFFから一見パーツとは無縁そうなモバイル系STAFFまで、店頭からのナマの声をお届けしよう。果たして手強いSHOP STAFFたちは「M5 Pro Xtreme」をどう使う?
M5 Pro Xtreme
PLEXTOR M5 Pro Xtremeシリーズ「PX-256M5P」(256GB)
実勢価格23,000円前後
製品情報(PLEXTOR)(リンクスインターナショナル

市場が価値を証明するロングセラーの鉄板モデル

M5 Pro Xtreme 初期モデル発売からだいぶ経つにも関わらず、「M5 Pro Xtreme」の人気は店頭でも根強い。ハズレを引きたくない人には最有力な選択肢といえるだろう

発売から半年以上経つにも関わらず、「M5 Pro Xtreme」の人気は根強い。新製品の投入も多く変化の激しいSSD市場ではロングセラーともいえる製品で、それはそのまま完成度の高さに言い換えることもできる。
 その秘訣は、なんといっても高水準でバランスがとれたスピードと信頼性だ。コンシューマ向けSSDでは最高峰のシーケンシャル・ランダムアクセス性能はもちろん、データの長期保護を保証する「True Protect」や240万時間を誇るMTBFなど、その速さを安定して活かせる点がユーザーにも好感されている。基板デザインの変更を伴った「M5 Pro」からの脱皮の際には多少のドタバタを演じたものの、それももう過去の話。店頭での評判も上々、迷わず勧められる“鉄板モデル”としての地位は相変わらずだ。

アキバのSHOP STAFF三人衆、ハイエンドSSDを試す

M5 Pro Xtreme M5 Pro Xtreme
500MB/sオーバーのシーケンシャルアクセスとランダム読込100,000 IOPSを実現する高速SSD。用意したのはシリーズ中最高性能を発揮する256GBモデルだ

さて、あらためて今回のレビューの趣旨をご説明しておこう。取り上げるモデルは「M5 Pro Xtreme」シリーズの256GBモデル「PX-256M5P」。シーケンシャル読込540MB/sec、書込460MB/sec、ランダム読込100,000 IOPS、書込86,000 IOPSを誇るSATA 3.0(6Gbps)対応SSDだ。
 そしてある意味もう一方の主役といえるレビュアーをお願いするのは、アキバに棲む多くのSHOP STAFFを代表する3人の方々。三者三様の使用環境にて「M5 Pro Xtreme」の実力のほどを徹底検証、そのインプレッションを存分に語っていただこう。
M5 Pro Xtreme

totop