エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
6月28日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
アイネックス、自作に便利なPCIe延長ケーブルとラッチ付きSATA電源延長ケーブル
2台持ちでさらに便利。連携機能を強化したauオリジナルスマホ&タブレット「Qua PX」シリーズ
aptX対応で高音質化。送受信切替のBluetoothアダプタ、センチュリー「どれで~もBluetooth Ver.2」
むき出しのHDDを保管する、簡易収納ケース「HDB-01WH」がアイネックスから発売
ドスパラ パーツ館、29日22時よりAMDの新型Radeonの深夜販売イベント開催
アイネックス、3pinファンをPWM制御できるようにするアダプタ「PWM-Master」
価格は5,000ドル。ワイワイ集まって操作できるマルチタッチ対応の会議室向け70インチ液晶、Dell「C7017T」
OCR&バーコードリーダ機能も搭載。なぞるだけのペン型スキャナがサンワダイレクトから
ATX互換のホットスワップ対応80PLUS GOLDリダンダント電源、FSP「FSP700-70RGHBE1」

HOTNEWS
● ACアダプタ付属のファンレスMini-ITX、ASRock「J3160DC-ITX」で完全無音PCを組む
● エントリー電源の新定番になれるか。鉄壁の安定性をもつBRONZE認証モデル、Cooler Master「GXII ver.2 650W」
● MLC NANDの底力。安定性が魅力の東芝純正SSD、CFD「HG6」シリーズ
● これで全てが分かる。Antec「P9」徹底解説
● Premium-Lineシリーズの最強コンパクトPC「Sycom Premium-Line H170FD-MINI」の魅力に迫る


1ACアダプタ付属のファンレスMini-ITX、ASRock「J3160DC-ITX」で完全無音PCを組む
2「正直、期待しています」(6/25) ・・・某ショップ店員談
3これで全てが分かる。Antec「P9」徹底解説
4MLC NANDの底力。安定性が魅力の東芝純正SSD、CFD「HG6」シリーズ
5昨年のCOMPUTEXで注目を集めたMini-ITXケース、In Win「Chopin」がようやく発売

Home > レビュー > 撮って出し
仕様変更で何が変わった?新生PLEXTOR「M5S」シリーズを試す
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.223

仕様変更で何が変わった?新生PLEXTOR「M5S」シリーズを試す


2013年4月5日
TEXT:GDM編集部 池西 樹
RSS
 「バリューゾーンで強烈な存在感を放つPLEXTOR「M5S」シリーズ」で、詳細レビューをお届けしたPLEXTORブランドのSATA3.0対応SSD「M5S」シリーズ。Marvell「88SS9174」とMicron製NANDフラッシュを組み合わせ、バリュー向けながら高いパフォーマンスを発揮していたのは皆さんご存知の通り。この「M5S」シリーズに対し、先ごろNANDフラッシュとコントローラの変更がアナウンスされた。
 そこで今回は、仕様変更により何が変わったのかをチェックすべく、新・旧2台の「PX-128M5S」をPLEXTORブランドの国内正規代理店である株式会社リンクスインターナショナル(本社:東京都千代田区)より拝借。その違いについてじっくりと検証していくことにしよう。
M5S
「PX-128M5S」
実勢価格10,500円前後
製品情報(リンクスインターナショナル)/(PLEXTOR

Marvell「88SS9187」と東芝製NANDフラッシュへと変更された「M5S」シリーズ

M5S
Marvell「88SS9187」と東芝製NANDフラッシュを搭載する新「M5S」シリーズ

「M5S」シリーズでは、上位モデル「M5 Pro/Extreme」シリーズと差別化を図るため、NANDフラッシュには高価な東芝製Toggleタイプではなく、Micron製Synchronousタイプが採用されていた。しかし、今回発表された仕様変更ではNANDフラッシュは東芝製へ、さらにコントローラも上位モデルと同じMarvell「88SS9187」へと変更され、基本的な構成は上位モデルと同等に引き上げられている。ただし、パフォーマンスについては特に言及されておらず、公称転送速度は256GBモデル「PX-256M5S」でシーケンシャル読込520MB/sec、書込390MB/sec、ランダム読込73,000 IOPS、書込70,000 IOPS、今回検証する128GBモデル「PX-128M5S」では、シーケンシャル読込520MB/sec、書込200MB/sec、ランダム読込71,000 IOPS、書込51,000 IOPSから変更ない。
 ちなみに、リンクスインターナショナルからのアナウンスによれば、製品の新旧はパッケージ側面に記載された「PNナンバー」で確認でき、製品表記も128GBモデルが「PX-128M5S」から「PX-0128M5S」、256GBモデルは「PX-256M5S」から「PX-0256M5S」ヘと変更されているとのこと。
M5S

M5S
M5S
旧モデル(画像上)と新モデル(画像下)のCrystalDiskInfo 5.4.2の結果。一部取得データに違いはあるが、対応規格や機能には違いはない

M5S

次は...  新・旧モデルの違いを外観からチェック

1 2 3 4 5 6 7

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2016 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us