エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
ゲームに必要な機能を詰め込んだMicroATXマザーボード、MSI「Z270M MORTAR」は25日発売
メモリスロット流用の独自M.2拡張カードが面白い、ASUSのOC向けマザー「ROG MAXIMUS IX APEX」登場
5ギガビットLAN搭載。ASRockのウルトラハイエンド「Z270 SuperCarrier」が発売開始
Thermaltake、スタックできるビッグキューブ「Core X5」に両面強化ガラス搭載モデルを追加
「Mystic Light」対応のIntel Z270ゲーミングマザー、MSI「Z270 GAMING PRO」
ASRock、「X370 Taichi」などRyzen対応Socket AM4マザーボード全10モデル投入
ストレージ少ないけど激安。国内未発売の「Moto Z」32GBモデルが約6.5万円で販売中
AntecのVESAマウンタ対応Mini-ITXケース「ISK-110 VESA」、USB3.0を搭載してリニューアル
【コレオシ Vol.1421】電子レンジでご飯が炊ける「炊飯マグ」がパーツより売れる件
争奪戦必至のASUS製グラフィックスカードにマザーボードなど要チェック【ツクモパソコン本店】

HOTNEWS
● サーバーのノウハウを結集したゲーミングマザーボード、SuperO「C7Z270-CG」
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
3「必ず買いますよ」(2/22) ・・・複数ショップ店員談
4「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談
5ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「阿修羅」検証

「阿修羅」冷却ファン回転数計測

次に標準搭載される冷却ファン「隼140 PWM」の回転数をモニタした結果を見ておこう。回転数は「SpeedFan 4.47」を使い、アイドル時と高負荷時の2パターンで計測している。

阿修羅
「SpeedFan 4.47」にて計測

まず「隼140 PWM」の公称値は、500±300rpm~1,300rpm±10%であることを念頭に結果を見ると、アイドル時692rpmに対し高負荷時は1,080rpmだった。いずれもほぼスペック通りだが、高負荷時は最大回転までもう少し余裕があるように思える(とはいえ、わずか100rpm程度だが)。

「阿修羅」騒音値計測

次にデジタル騒音計を使って、動作音をチェックしてみよう。計測ポイントは、冷却ファン「隼140 PWM」から30cmの位置とし、アイドル時と高負荷時の2パターンで計測している。

阿修羅
冷却ファンから30cmの位置で計測(室内騒音値29.1dBA)

騒音値は、必ずしも冷却ファンの回転数値だけでは決まらず、放熱フィンを抜ける音やインペラやフレームから発せられるいわゆる風切音が加算される。「阿修羅」の場合、692rpm(アイドル時)で36.8dBA、1,080rpm(高負荷時)で41.7dBAだった。アイドル時は言うまでもなく十分に静音動作を果たし、高負荷時でも十分に許容範囲内。大型インペラに小軸という「隼140 PWM」の特長通りの結果になった。

”何も犠牲にしない”というコンセプト

久々となるサイズのオリジナルCPUクーラー「阿修羅」は、なかなかの良品だった。サンプルが届けられてからというもの、しばし眺めるだけという日々が続いたが、実はそれほど期待をしていなかった。それは幾度となく触れたように、ナローフィンデザインによるスリム化で、これまで検証してきた大型サイドフローには冷却能力で勝てないだろうと踏んでいたからだ。
 しかしそれを裏切り、数多あるビッグサイズのCPUクーラーに肩を並べる高い冷却性能と静音性が確保されていた。さらにこれまで悩みの種だった、メモリスロットの物理的干渉をクリアし、心置きなくすべてのスロットに大型ヒートスプレッダ付メモリを使うことができる。CPUクーラーたる仕事と、メモリスロットクリアランスに折り合いをつけた「阿修羅」は、サイズオリジナル歴代モデルの中でも、トップクラスの製品と言えるだろう。
 CPUクーラーとは、要するにバランスをいかにしてとるか、だ。何かを犠牲にするのではなく、”何も犠牲にしない”というコンセプトから設計された「阿修羅」。サイズ開発陣渾身の逸品だった。

【静音性】 5.0ポイント
140mm口径の大型インペラと小軸を活かした「隼140 PWM」は、むやみに最大回転にはならず、常用レベルでは静音性を保ってくれる。CPUに100%の高負荷を掛けても、聞こえてくる動作音は許容範囲内。十分に静音型CPUクーラーと呼べるだろう。
【冷却性能】 5.0ポイント
ナローフィンデザインの採用は、放熱フィンの表面積を犠牲にしていることを意味するはずだが、その心配は無用だった。冷却ファンの回転数に頼ることもなく、淡々と仕事をこなす印象。
【取り付け易さ】 5.0ポイント
新設計・ブリッジ式リテンションは満点の出来だった。台座とCPUクーラー本体を2つのパートに切り分け、両者を2本のネジで合体させるというシンプルな構造は、誰もが好印象を抱くだろう。
【コストパフォーマンス】 5.0ポイント
2月7日より秋葉原主要パーツショップで販売が開始され、ほぼ横並びで4,980円の売価がつけられている。大型CPUクーラーといえば、5,000円台を軽く超える製品が多い中、この売価はライバルにとって手強い存在になるだろう。
サイズ「阿修羅」総合評価
阿修羅

協力:株式会社サイズ

© GDM Corporation All Rights Reserved


1 2 3 4 5 6

←前頁このページの最初に戻る|次頁→|
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us