エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
2月21日(火)の掲載しきれなかったプレスリリース斜め読み
ASUSの最新マザーボードを徹底解説。25日(土)にドスパラ 秋葉原本店にて店頭イベントが開催
ファーウェイ、丸2日動作する大容量バッテリ搭載SIMフリースマホ「HUAWEI nova/lite」
プロカメラマン監修のKaby Lake搭載RAW現像デスクトップPC、ツクモeX.computerから
iiyamaPC「STYLE∞」、Kaby Lake搭載の即納ミニタワーPC計2モデル発売
マウスDAIV、GeForce GTX 1060とKaby Lake搭載の15.6型液晶ノートPC発売
EIZO、8メガピクセル対応の31.1型医用ディスプレイ「RadiForce MX315W」
ロジクール、業界初の4K・5倍ズーム対応の超高性能ウェブカメラ「ロジクールBRIO」を発売
太陽光パネルと3G通信モジュールを組み込んだ、フルアーマー仕様の「ラズパイ屋外稼動キット」が登場
SilverStone、40℃環境で安定した出力を可能にした高耐久TFX電源「TX300」

HOTNEWS
● NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
● ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」
● SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
● 細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
● これで全てが分かる。Antec「CUBE RAZER」徹底解説


1SAPPHIREに聞く。「Ryzen」そして「Vega」に続く期待
2細部が進化したオールインワン型水冷ユニット“ALL-NEW KRAKEN”、NZXT「Kraken X62」検証
3NVMe SSDと10ギガビットLAN標準のコスパ最強フラッグシップ、BIOSTAR「Z270GT9」検証
4「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」(2/18) ・・・複数ショップ店員談
5ASRock「Taichi」シリーズの血統を継ぐ、Kaby Lake世代のオールラウンダー「Z270 Taichi」

Home > レビュー > 一点突破
サイズ「阿修羅」検証

ナロータイプのアルミニウム製ヒートシンク

まずは「阿修羅」のヒートシンクからチェックしていこう。このモデルの最大コンセプトは、ナロータイプ設計のヒートシンク。市場に出回る一般的なサイドフロー型CPUクーラーに比べ、アルミニウム製放熱フィンは見た目にも幅の狭さが分かるほど。CPUソケット周りの物理的干渉を考慮したスタイルは、これまでのサイズオリジナルCPUクーラーに比べ、スマートな印象に仕上げられている。

阿修羅
ナロータイプ設計の「阿修羅」外観。トップ部にはサイズのロゴがあしらわれた、ブラック色のプレートが装着されている
阿修羅
φ6mmヒートパイプは6本で構成。ヒートシンクを真横から眺めると、そのレイアウトがよく分かる
阿修羅
トッププレートをよく眺めてみると気が付くのはヒートパイプ末端の処理。これまでサイズオリジナルのサイドフロー型CPUクーラーといえば、ヒートイプが突き抜けた部分にプラスチック製キャップ装着が定番。しかし「阿修羅」ではトッププレートの下にそれを隠し、精悍なイメージに生まれ変わった
阿修羅
アルミニウム製放熱フィンの枚数は50枚。フィンピッチは約2mm(実測値)だった。なおヒートシンク横幅のサイズは145.0mm、高さは161.0mm
阿修羅 阿修羅
アルミニウム放熱フィンをよく見ると、1枚につき6つの凸が設けられている。フラットにするよりも風の流れるスピードを上げる効果を狙ってのデザインかもしれない
阿修羅
こちらは真横。ヒートシンクの幅は公称値65.0mm。ちなみに同じくサイドフロー型CPUクーラー「MUGEN∞3 Rev.B」(型番:SCMG-3100)の幅は108mmで、43mmもスリムというワケだ

受熱ベースと6本のヒートパイプ

次に「阿修羅」を下から眺めてみよう。受熱ベースプレート表面は鏡面仕上げが施され、φ6mmヒートパイプが6本接着されている。

阿修羅
阿修羅
「阿修羅」を下から眺めてみる。受熱ベース部をよく見ると、φ6mmヒートパイプ6本はヒートシンク状のブロックと受熱ベースプレートにサンドイッチされていることが分かる
阿修羅
CPUのヒートスプレッダに直接接触する受熱ベースプレート。上下2つの部材で構成されている
阿修羅
放熱フィン側のブロックは、9つのスリットが入ったヒートシンク形状。効果のほどは定かではないものの、少しでも放熱に貢献してくれればよしとしよう
阿修羅
アルミニウム製放熱フィンに貫通するヒートパイプ。受熱ベース部に整然と並ぶヒートパイプは、ここからバラバラに各々の持ち場に分かれていく
阿修羅
受熱ベースとヒートパイプの接合部。この部分の工作精度が悪ければ、冷却性能を十分に発揮することはできない。CPUクーラーの善し悪しを決める、要となる部分といえる
阿修羅
ヒートシンク本体における、ヒートパイプのレイアウト。よくみると、前後のヒートパイプは一直線上ではなく、微妙に差がつけられたいることが分かる。ヒートシンク内部を通る風の流れや、放熱フィンへの熱の拡散の効率を考慮したレイアウトというワケだ
次は...  「阿修羅」搭載ファン「隼140 PWM」チェック

1 2 3 4 5 6

←前頁このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us