エルミタージュ秋葉原
the Voices - アキハバラShopの生の声 PressRelease - プレスリリース・新製品・業界動向 エルミタ取材班 - 秋葉原スタッフのコレオシ!ほか取材ネタ the Review - エルミタ的製品レビュー 特価品情報 - 記者が見た! アキバShopの店頭特価情報 アキバ価格表 - 秋葉原PCパーツShop価格表ギャラリー エルミタ的ロードマップ - PC関連動向 データベース - エルミタ的CPU仕様データベース Shopリスト - 秋葉原Shopリスト メーカーList - PCパーツメーカーリスト

新着記事
1本でType-C・Lightning・microUSBに対応。3-in-1仕様の頑丈な充電ケーブル、REMAX「GPLEX」
LEVEL∞、GeForce GTX 1080 TiとCore i7-7700K標準のハイエンドゲーミングPC発売
デュアルファンクーラー搭載のRadeon RX 560、玄人志向「RD-RX560-E4GB」
PowerColor、ビデオメモリ2GBのエントリーRX 560「AXRX 560 2GBD5-DHV2/OC」近日発売
MTBF200万時間。3D TLC採用の高耐久NVMe SSD、ADATA「XPG SX7000」発売開始
圧倒的な音場の広さを体感できる、BAドライバ6基内蔵の超高音質イヤホンが上海問屋から
完全防水電子書籍リーダー、楽天「Kobo Aura H2O Edition 2」国内発売開始
省スペースを追求した4ベイHDDケース、センチュリー「裸族のタウンハウス」
3面強化ガラス採用のE-ATX対応スリムフルタワー、Lian Li「PC-O12WX」26日発売
エイサー、Windows Mixed Reality対応の格安ヘッドマウントディスプレイを税込4万円で発売

HOTNEWS
● これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
● 吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
● 最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」
● 多彩なライティング機能で上を行くRyzen対応マザーボード。MSI「X370 GAMING PRO CARBON」
● アルミボディにほどよいパフォーマンスが魅力のストームBTO最新作「Storm Metaphor H270 LTD」を試す


1これで全てが分かる。In Win「301」徹底解説
2最強コンパクトPCの夢を叶える、初のRyzen対応Mini-ITXマザーボードBIOSTAR「X370GTN」
3吸排気のデュアルファンを備えた古くて新しい電源ユニット、ENERMAX「Revolution DUO」は正解なのか
4多彩なライティング機能で上を行くRyzen対応マザーボード。MSI「X370 GAMING PRO CARBON」
5「Ryzen用にいかが」(5/17)・・・某ショップ店員談

Home > レビュー > 一点突破
巨人IBMが生み出した至高の鍵盤<br />“Model-M” 「1390131」の麻薬的な魅力
絵踏一のKeyboard 一点突破 Vol.1

巨人IBMが生み出した至高の鍵盤
“Model-M” 「1390131」の麻薬的な魅力


2012年11月8日
TEXT:GDM編集部 絵踏 一
RSS
 昨日の最先端が明日にはあっという間に陳腐化され抜き去られてしまう、そんな忙しいPCの世界。しかしその中にあって時代を経ても輝きを失わないもの、そのひとつがキーボードではないかと以前から考えてきた。そんなモヤモヤに後押しされるように、なかば勢いから始まったこの企画。最新デバイスにあえて背を向けて、今は懐かしい時代の名機(あるいは迷機?)を徒然なるままに紹介していこうというコンセプトだ。
 そしてその記念すべきトップバッターには、IBM(本社:アメリカ カリフォルニア州)が世に送り出した世紀の名品“Model-M”のラインナップより、「1390131」を選択した。日頃はスペック重視のパワーユーザーもたまにはひと休み、一緒に魅力あふれる“鍵盤”の世界へ散歩に出かけよう。
編集部きってのキーボードマニアである、絵踏 一のコレクションルーム(ただのロフトという未確認情報も)。所有本数は200本を超え、居住スペースを順調に侵食中。画像を見る限り、几帳面なのかずぼらなのか紙一重と言わざるを得ない

現代キーボードの歴史はここから。輝けるModel-M

1390131
IBM“Model-M”「1390131」 発売時期:1986年頃

まずこの不思議な企画の第一弾にIBM「1390131」を選んだのには、当然もっともな理由があったりする(単に気に入っているからというだけでは、ない)。本機やそれに連なるキーボードたちは“Model-M”という輝かしい呼称で(その道では)有名だが、もう一つIBMの発表当時に由来する「Enhanced Keyboard」(拡張キーボード)という名前で呼ばれることもある。
 それでいったい何が“Enhanced”なのかといえば、今は目の前のキーボードに当たり前のように搭載されいている、矢印キーや「Delete」「Home」「Page Up/Down」キーなど、詰まるところテンキーに収まっていた各種機能キーがこのModel-Mをもって独立して配置された、いわば“拡張”されたということ。それ以前には左端に縦並びに実装されていたファンクションキーも上部へと横並びに引越し、こうして今も目にするキーボードの配列が固まったというわけだ。それ以降、日本をはじめ各国で生み出されたキーボードは、一部独自のキーや機能を盛り込みつつも、基本的なレイアウトはこのModel-Mを踏襲する形で普及していった。現代キーボードの歴史は、まさにこのModel-Mから新たなスタートを切ったといえる。

1390131 Model-Mシリーズで初めて機能キーが拡張実装された。現在当たり前のように使っているキーボードレイアウトが固まったのはこの時期だ

誇り高き“角ロゴ”を戴くバックリングスプリングキーボード

1390131 本体右上に飾られたアルミ製のIBMロゴが「1390131」の証。これ以降のモデルではロゴマークが左上に移動、丸型タイプに変更されている

そもそもModel-MシリーズはIBM「PC/AT」の中後期以降のモデルに添付されていたキーボードで、その中でも今回の主役「1390131」は最初期に流通したものとして知られている。生産時期はおおむね1986年頃から数年間とみられ、希少性も高い。以降のモデルとは金型が違うため成型精度が高く、外見上の目印となる右上の四角いロゴマークにあやかり、「角ロゴ」と呼ばれて好事家たちの間で珍重されている。燦然と輝くアルミ製のシンボルは、機能美が凝縮された巨大な筐体とのマッチングも抜群。何やら威風じみたものすら漂ってくるのはきっと気のせいではないだろう。

IBM「1390131」
もっとも基本的な英語キーボードの形をした「1390131」。AT接続で英語101キー配列。バックリングスプリング機構のスイッチを採用する大型のキーボードだ

そして「1390131」をはじめとするModel-Mシリーズが採用するスイッチこそ、このキーボードを最も特徴づける存在だ。搭載されているのは、「バックリングスプリング(座屈ばね機構)」という、勇ましいスプリング残響音と極めて明確なクリック感をもつIBM独自の機構。PCキャリアの長い人ならその感触に覚えがあるかもしれないが、残念なことに現在ではこの素晴らしいスイッチをもつキーボードは、ごく一部をのぞいて姿を消してしまっている。詳しくは後ほど触れさせてもらうことにするが、あまりの独特さゆえに現行品から代わりを見出すのはまず無理だろう。

次は...  まさに重厚長大!時代が許した強靭な筐体を観る

1 2 3 4

|←前頁|このページの最初に戻る次頁→
Search
Language

Homeレビュー撮って出し一点突破インタビュー使ってみた特別企画
RSSを購読
http://www.gdm.or.jp/image/item/logo/gdm.jpg 掲載記事の無断転載を禁じます。
Copyright © 1997-2017 GDM All rights reserved.
the Voices
Press Release
エルミタ取材班
the Review
Special Price
the Price
Roadmap
Database
Shop List
Manufacturer List
広告掲載
情報・リリース窓口
About Us
Contact Us