エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.163

バリューゾーンで強烈な存在感を放つ PLEXTOR「M5S」シリーズ

2012.08.07 更新

文:GDM編集部 池西 樹

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket

「M5S」シリーズの256GBモデル「PX-256M5S」を画像でチェック

スペックの確認が終わったところで、次に画像で「PX-256M5S」をチェックしていくことにしよう。基板を確認したところコントローラはMarvell製「88SS9174-BLD2」でMLC NANDフラッシュはMicron製「29F128G08CFAAB」を採用。さらにキャッシュメモリにはNANYA製DDR3「NT5CB128M16BP-CG」を2基搭載されていた。

PLEXTORのブランドカラーであるブルーを基調としたパッケージ。付属品は説明書のみのシンプルな構成

ヘアライン仕上げの表面にはPLEXTORブランドのロゴが刻印されている。なおケース厚は一般的な9.5mmでUltrabookのような薄型ノートには搭載できない

本体背面の製品情報シール。ファームウェアバージョンは「CrystalDiskInfo 5.0.0」で確認したのと同じ「1.00」で、製造日は2012年6月

ケース側面のネジを外して開封したところ。基板は4本のネジで背面カバーに固定されている

基板表面には、MLC NANDフラッシュを8枚搭載

基板裏面には、コントローラ、8枚のMLC NANDフラッシュ、2枚のキャッシュメモリを搭載

コントローラはMarvell製「88SS9174-BLD2」。チップにはサーマルパッドが貼り付けられていた

MLC NANDフラッシュはMicron製「29F128G08CFAAB」。製造プロセス25nm、P/Eサイクル3,000のSynchronousタイプで容量は1枚あたり16GB

キャッシュメモリはNANYA製DDR3「NT5CB128M16BP-CG」を2枚実装。動作クロック1333MHz、レイテンシ9-9-9(CL-TRCD-TRP)で容量は1枚あたり256MB

対応インターフェイスはSATA3.0(6Gbps)

ファームウェア格納用と思われる8MbitフラッシュメモリWinbond製「W25Q80BVNIG」

totop