エルミタ的「一点突破」CPUクーラー編 Vol.15

サイズ 「スサノヲ」検証

2011.02.10 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
エルミタ的「一点突破」 CPUクーラー編 Vol.15は、当コーナー史上最も大型のモデルサイズ「スサノヲ」(型番:SCSO-1000)をお届けする。いかにも手強そうな超大型の風貌、そのぶんシステムファンの役割も果たすというから期待は膨らむが、果たしてその真価は発揮されただろうか?

システムファンの役割も果たす超大型クーラー「スサノヲ」

「電源ユニットならこのサイズ」、「CPUクーラーならこれくらい」と、PC構成パーツ個々の大きさは誰もがおおよその目安を持っている事だろう。しかし今回登場する「スサノヲ」は、100mm口径ファン4基を搭載という、これまでの常識からは完全に逸脱したモンスターに仕上げられている。
 正直この“モンスター”という形容はあまり好みではない。どこか大味なイメージがあるからだ。しかしながらこの「スサノヲ」は、それ以外の表現が見あたらないほどの“モンスター”振りで、ひとつ間違えれば「色モノ」扱いされてしまうほどの規格外CPUクーラーなのだ。
 サイズオリジナルCPUクーラーとしては高額な市場想定売価8,000円台の値付けで登場する「スサノヲ」は、果たして“大味”かつ“色モノ”なのだろうか。これまで以上に疑い深く、検証を行ってみたい。

100mm口径ファン4基レイアウトはまさに圧巻。CPUクーラーとしての役割に加え、メモリやグラフィックスカードにもエアフローを送り込むシステムクーラーとしての仕事もこなしてしまう

「スサノヲ」外観をチェックする

それでは早速「スサノヲ」の外装パッケージおよび外観から隅々チェックしてみよう。
 画像でご紹介する前に「スサノヲ」を簡単に説明しておくと、サイズオリジナルの放熱フィンスタイルを採用したCPUとメモリ位置までの大きさとなるヒートシンク(1)と、グラフィックスカード位置に配列されたヒートシンク(2)、さらに受熱ベースを兼ねた高さ約50mmのヒートシンク(3)で 構成され、100×100×25mm×4基のファンを搭載する。また受熱ベース部2段に分かれたφ6mmヒートパイプは合計12本を使用し、ヒートスプ レッダ付きメモリやグラフィックスカードの物理的干渉を避けるためにヒートシンク(1)(2)をマザーボードから約100mmの高さにまで持ち上げている。
 現在の主流と言えるサイドフロー型CPUクーラーでは絶対に実現できないこの仕様は、まさにトップフロー型CPUクーラーの利点が最大限に活かされたデザインと言えるだろう。

「スサノヲ」のパッケージはおよそCPUクーラーとは思えず、どちらかと言えば電源ユニットに近い。ちなみにパッケージサイズは230×230×175mm(重量2220g)で、CPUクーラー本体にファンが搭載された状態で梱包されている
サイズオリジナルCPUクーラーの特徴となる“刃の無いカッター”のような放熱フィンは2ブロックに分かれている
受熱ベース部は高さ約50mmの放熱フィン一体型で、CPU接触面は鏡面仕上げの非ヒートパイプ・ダイレクトタッチ式が採用されている

「スサノヲ」を逆さまにして見たところ。グラフィックスカードエリアに覆い被さる2つ目のヒートシンクを無くし、100mmファン×2+ヒートパイプ6本で「スサノヲ Mini」なるモデルも、ちょっとした改良でできてしまいそうだが、さてその構想はサイズにあるだろうか

φ6mmヒートパイプ各6本×2段で計12本もの豪華仕様。本数の多さに比例して熱移動のスピードはどこまで向上するのだろうか

ヒートパイプと放熱フィンの接触部。筒状に空けられた穴とヒートパイプの密着性は冷却性能に大きく影響する

100mmファン4基を外してみたところ。放熱フィン中心部3カ所の“盛り上がり”はファン搭載時のガイドとなる部分。ちなみにサイズではこのヒートシンクレイアウトを「ダブル・ブロック構造」と名付けている

サイズの製品サイトに掲載されている「スサノヲ」各寸法。大型で特殊な形状のため、メモリとグラフィックスカードの干渉が気になるかもしれないが、実は搭載させるPCケースの方に注意が必要。これについては後述

totop