エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.24

「CPU+GPU Intel Core i5の実力」
~ Clarkdale & H55 Express速攻レビュー ~

2010.01.04 更新

文:テクニカルライター Jo_kubota

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
CPU
 2010年はIntelの新製品攻勢で幕を開けた。1月4日から販売解禁となった新型Atomに続き、同日発表(レビュー解禁)となったグラフィック機能を統合するプロセッサ“Clarkdale”こと「Core i5」4モデル、「Core i3」2モデル、そして「Pentium」G6950の合計7モデルは、一体どんな性格を持ち合わせているのだろうか。
 今回は対応チップセットとなるIntel H55 Expressマザーボードを使い、その実力を当サイトではお馴染みのJo_kubota氏により“速攻チェック”してみる事にした。
 なおこれらの販売解禁は1月8日11:00に設定されている。購入に踏み切るまで十分時間が用意されているので、じっくりとそのパフォーマンスを見て参考にして頂きたい。

グラフィックス機能を内蔵するプロセッサ「Clarkdale」の登場

CPU+GPU初の「Clarkdale」(Core i5-661)

遂に、グラフィックス機能までも統合するCPU「Clarkdale」が登場した。その存在は数年前から噂されていたが、Core i7シリーズでメモリコントローラを統合し、そしてAMDに先駆けて、デスクトップ向けCPUとして初となるグラフィックスを統合したのが、今回発表された「Core i5-670/661/660/650」「Core i3-540/530」、そしてPentiumブランドとなる「Pentium G6950」だ。

対応するCPUソケットは、LGA1156で、すでに販売されている「Core i5-750」「Core i7-870」「Core i7-860」と同じだ。サポートされるチップセットは新たに登場した「Intel H55 Express」および「Intel H57 Express」の2種類だ。
 今回発表されたCore i5 600シリーズ、Core i3-500シリーズ、Pentium Gシリーズに共通しているのは、

・45nmのグラフィックスコアを内蔵
・32nmプロセスルールで製造されるCPUコア
・物理2コア

となっている点だ。
 Core i5-600シリーズは、Hyper-Threadingをサポートしているため、論理4CPUとして機能するが、Core i3-500シリーズ、Pentium Gシリーズはデュアルコアとなる。またL3キャッシュ容量はCore i5-600シリーズが4MB、Pentium Gシリーズは3MBとなっている。

「Clarkdale」(Core i5-661)背面

Core iシリーズの特徴でもあった、Turbo Boost Technologyは、Core i5-600シリーズではサポートされているが、Core i3シリーズは対応していない。また、Core i5-750の動作クロックが2.66GHzなのに対し、今回発表された中でもっともローエンドな、Pentium G6950でも2.80GHz、最上位となるCore i5-670では3.46GHzとかなり高クロックなのも特徴だろう。ただしTurbo Boost時の倍率はわずか1倍向上するだけに留まっている。
 CPUコアは32nmプロセスルールで作られているため、TDPが高クロックにも関わらず低く抑えられているのも特徴的だ。GPUを内蔵したCore i5-670/3.46GHzでも73W、これまで低いと言われたCore i5-750は95W、その差は22Wもある。そしてCore i5-660、Core i5-661の違いは内蔵するGPUの動作クロックのみで、そのほかのスペックは全く同一。GPUクロックが900MHzとなるCore i5-661のTDPは87Wと14Wほど高くなっている。
 メモリは、LGA1156のCore iシリーズと同様にDDR3-1333/1066をサポートし最大16GBまで搭載可能。もちろんデュアルチャネルアクセスとなる。なお詳しいスペックは下記のとおりだ。

■CPUスペック表

Core i5
  750 670 661 660
開発コード Lynnfield Clarkdale
プロセスルール 45nm 32nm
コア数 4 2 2 2
Hyper-Threading
論理CPU数 4 4 4 4
CPUクロック 2.66GHz 3.46GHz 3.33GHz 3.33GHz
Turbo Boost時 3.20GHz 3.73GHz 3.60GHz 3.60GHz
CPUソケット LGA1156
L2キャッシュ 256KB×4 256KB×2
L3キャッシュ 8MB 4MB
GPU内蔵
GPUクロック 733MHz 900HMz 733MHz
TDP 95W 73W 87W 73W
  Core i5 Core i3 Pentium
  650 540 530 G6950
開発コード Clarkdale
プロセスルール 32nm
コア数 2 2 2 2
Hyper-Threading
論理CPU数 4 2 2 2
CPUクロック 3.20GHz 3.06GHz 2.93GHz 2.80GHz
Turbo Boost時 3.46GHz
CPUソケット LGA1156
L2キャッシュ 256KB×2
L3キャッシュ 4MB 3MB
GPU内蔵
GPUクロック 733MHz 733MHz 733MHz 533MHz
TDP 73W 73W 73W 73W

■Intel H55 Express Chipset Platform Block Diagram

■CPU-Z(Core i5-661) ■GPU-Z(Core i5-661)
 Core i5-661のCPU-Z。最低クロックは、Core i5-750と同じ1.2GHzとなる Core i5-661のGPU-Zの結果
totop