エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.22

SilverStone「Fortress SST-FT02B-W」徹底レビュー

2009.12.26 更新

文:GDM編集部 松枝 清顕

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
 第22回を数える2009年最後を飾る「エルミタ的速攻撮って出しレビュー」は、第20回で取り上げて好評だったSilverStoner社「RAVEN 2」(型番:SST-RV02B-W)のバリエーションモデル的存在で、外装をアルミニウムで武装した最新モデル「Fortressシリーズ SST-FT02B-W」(以下:Fortress SST-FT02)を取り上げる。
エルミタ的速攻撮って出しレビュー Vol.20「SilverStone「RAVEN 2」 SST-RV02B-W 徹底チェック」はこちら

 通常のATXデスクトップケースと違い、マザーボードを90度回転させたレイアウトを採用するこのモデルは、ほぼ類似した内部構成ながら敢えて 「RAVEN」の名前を持たず、“要塞”を意味する「Fortress」シリーズとしてリリースされた。

 正直なところ、前々回の「RAVEN 2」で内部構造やそれにまつわるギミックはほぼ全て紹介しきってしまったため、ブロスモデルを取り上げる事には少々不安もあった。隅々までチェックした結 果「はい、同じでした」では立場上済まされない。しかしながら、外装パネルの素材が違うだけで(そもそもデザインは全く違うわけだが)、これほどまでに雰 囲気が変わるものかという第一印象と、全体の引き締まったパッケージングの良さは、「RAVEN 2」とは違う趣を十分に感じる事ができる。
 多少の不安と新型モデルを手にした期待のいずれをも抱きつつ、例によってエルミタ的に徹底解剖してみることにしよう。
SilverStone「Fortress」(SST-FT02B-W
Form:SSI CEB/ATX(最大12"×11")/MicroATX
素材:4.5mmアルミニウム一体成型フレーム/ボディ0.8mmSECC
ファン
:トップ120mm排気×1(1200rpm/19dBA)
:ボトム180mm吸気×3(700/1000rpm、18/27dBA)
ベイ
:5インチベイ×5
:3.5インチシャドウベイ×5
:2.5インチシャドウベイ×1
拡張スロット:7
電源:無し
I/Oポート:USB2.0×2/音声入出力
サイズ:W212×H497×D616mm
重量:15kg
実勢価格29,000円前後(2009年12月末現在)

「RAVEN 2」とは似て非なる。編集部に「Fortress」がやってきた

「Fortress SST-FT02」エクステリアおよびディテールをチェックする前に、このモデルの特徴を簡単にご紹介しよう。その場合、どうしても「RAVEN 2」を引き合いに出さなければならないが、直接比較はここまでにしたい。それについては説明するまでもなく、順を追ってこのモデルの特徴を見てゆけば自ずとその理由がお分かり頂けると思う。
 なお以下表では「RAVEN 2」のスペック比較を行っているが、併せて「Fortress」シリーズのバリエーションモデルもご紹介しよう。

  Fortress
SST-FT02B-W
RAVEN 2
SST-RV02B-W
対応M/B SSI CEB/ATX/MicroATX E-ATX/ATX/MicroATX
サイズ 212mm 212mm
高さ 497mm 503mm
奥行き 616mm 643mm
重量 15kg 12.5kg
ドライブベイ 5.25" 5 8
3.5"シャドウ 5 3
2.5"シャドウ 1 1
拡張スロット 7 7
電源 ATX(Option) ATX(Option)
ファン トップ トップ120mm排気×1
(1200rpm/19dBA)
トップ120mm排気×1
(950rpm/18dBA)
ボトム ボトム180mm吸気×3
(700/1000rpm、18/27dBA)
ボトム180mm吸気×3
(700/1000rpm、18/27dBA)
Fortressシリーズバリエーションモデル
「Fortress SST-FT02B」 「Fortress SST-FT02S」
SilverStone国内正規代理店のマスタードシード株式会社が取り扱う「Fortress」シリーズは、今回の主役となる側面窓付きブラックの他、側面窓ナシのブラックおよびシルバーの合計3モデルから選ぶことができる

「Fortress SST-FT02」は「RAVEN 2」に比べ、高さおよび奥行きが若干短い事が分かる。確かに箱からケースを取り出してみた第一印象でも“ちょっと小振りになったかな”と感じた。恐らくこれは、単なる外形寸法の数字上だけではなく、「RAVEN 2」のモビルスーツ的フロントフェイスデザインの押し出しの強さがより一層その印象を色濃くしているだろう。逆に「Fortress FT02」は、非常にあっさりとしたフロントデザインが採用されているため、スペック以上に小振りに見える。

その割には「RAVEN 2」よりも重量が2.5kgヘビーになった。当然の事ながら外装パネルのマテリアルに起因するところが大きく、重厚感のある一体成型の4.5mm厚アルミニウムが採用されている事が最大の理由だろう。

その他、ドライブベイ数にも違いがあり、ここは使い勝手および使用用途により好みの分かれるところだが、個人的には「Fortress SST-FT02」のベイレイアウトのほどよさに魅力を感じてしまう。やはり3.5インチシャドウベイと、“なんとか”はいくらあっても困らないというスタンスのユーザーには最適なレイアウトではないだろうか。

ちなみに5.25インチオープンベイの最上段部は、延長線上に拡張スロット部があるため、奥行きの短いドライブベイアイテム等の搭載が推奨されている。ただし、ショートタイプの光学ドライブであれば搭載できる可能性があるので、装着前に仮合わせしてみる事をお薦めする。

totop