Ryzen Embedded R1000シリーズ採用の小型ファンレスPC、ASRock「iBOX-R1000」

2019.04.17 20:00 更新

2019.04.17 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2019年4月17日、AMDの組み込み向け新SoC「Ryzen Embedded R1000」を採用する小型ファンレスPC「iBOX-R1000」を発表した。
  • Ryzen Embedded R1000シリーズ採用の小型ファンレスPC、ASRock「iBOX-R1000」

DisplayPort×2、HDMI×1のトリプルディスプレイに対応

グラフィックスコアに「Vega 3」を、CPUコアに「Zen」を採用する組み込み向けSoC「Ryzen Embedded R1000」シリーズを搭載した、小型ファンレスPCが早くもASRockからデビュー。

SoCはR1606GまたはR1505Gが選択でき、本体上部に大型ヒートシンクを実装することで完全ファンレス駆動に対応。またディスプレイ出力はDisplayPort×2、HDMI×1の3系統を備え、内蔵グラフィックスによるトリプルディスプレイをサポートする。

iBOX-R1000_1024x768b iBOX-R1000_1024x768c

主なスペックはメモリスロットがDDR4-SODIMM×2(最大32GB)、ストレージは2.5インチHDD/SSD×1で、インターフェイスはUSB3.1×3、シリアルポート×1、ギガビットLAN×2。電源は12V DC入力で、VESAマウンタによるディスプレイ背面への取り付けやウォールマウントに対応する。

本体サイズはW171.8×D150×H69.8mm、重量1kg。対応OSはWindows 10。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrockrack.com/

totop