Killer、Intelと共同開発したWi-Fi 6対応ワイヤレスモジュール「Killer AX1650」

2019.04.16 11:19 更新

2019.04.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Rivet Networksが展開するKillerブランドは2019年4月15日(現地時間)、Intelと共同開発したWi-Fi 6対応のワイヤレスモジュール「Killer AX1650」を発表した。
  • Killer、Intelと共同開発したWi-Fi 6対応ワイヤレスモジュール「Killer AX1650」

最大2.4Gbpsの高速データ転送に対応

Wi-Fi 6ことIEEE 802.11axに対応したワイヤレスモジュールの新製品。フォームファクタはM.2 2230またはM.2 1216。

killer_ax1650_1024x457

Intelと共同開発した製品で、2×2接続と160MHzチャンネルをサポート。2×2 80MHzのIEEE 802.11ac無線LANデバイスとの比較では約3倍、2×2 160Hzのacデバイスとの比較でも40%以上も高速な最高2.4Gbpsのデータ通信が可能だ。

killer_ax1650_1024x549

またパケットを識別し、優先度をつけることでゲームなどのラグを抑える「Advanced Stream Detect 2.0」、ゲーム実行中のCPU/メモリ負荷を軽減する「GameFast Technology」、ホームネットワークを最適化する「Killer Intelligence Engine」、メッシュネットワーク機能「Wireless xTend」などの独自機能を搭載する。

帯域幅は2.4GHz、5GHz両対応で、Bluetooth 5.0機能も標準装備。OSはWindows 10、無線LAN規格はIEEE 802.11a/b/g/n/ac/axに対応する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Killer: https://www.killernetworking.com/

totop