Xeon W-3175X対応のゲーミングマザーGIGABYTE「C621 AORUS XTREME」詳細判明

2019.04.16 10:33 更新

2019.04.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)は2019年4月15日(現地時間)、Intel Xeon W-3175Xに対応するIntel C621チップ採用ゲーミングマザーボード「C621 AORUS XTREME」の詳細スペックを公開した。
  • Xeon W-3175X対応のゲーミングマザーGIGABYTE「C621 AORUS XTREME」詳細判明
  • Xeon W-3175X対応のゲーミングマザーGIGABYTE「C621 AORUS XTREME」詳細判明

4-Wayマルチと最大128GBの大容量メモリに対応

先日マイクロサイトが公開された、GIGABYTEのIntel Xeon W-3175X対応ゲーミングマザーボード「C621 AORUS XTREME」の詳細スペックが判明した。

電源回路はIR Digital VRMによる32フェーズ電源回路に、超大型のアルミニウム製ヒートシンクを組み合わせることで、28コア/56スレッドのIntel Xeon W-3175Xの全コア5GHz駆動を実現。また拡張スロットは7本のPCI-Express3.0(x16形状)スロット備え、マルチグラフィックスは4-WayのNVIDIA SLI/AMD CrossFire Xをサポートする。

C621_AORUS_XTREME_1024x768c

その他、メモリスロットはDDR4-4200×12(6チャネル/最大192GB/ECC Registered/ECC Un-buffered対応)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×8、U.2×1、オーディオチップはRealtek ALC1220-VB、ネットワークはIntel i210AT+i219LMによるデュアルギガビットLANを備えた。

フォームファクタはE-ATX(386×359mm)、OSはWindows 10 64bit版をサポートし、CPUはXeon W-3175Xの他、Xeon Silver 4214/4216、Xeon Gold 5215/5217/5218N/5218/5220をサポートする。

C621_AORUS_XTREME_1024x290
  • ソケット:LGA3647
  • チップセット:Intel C621
  • フォームファクタ:E-ATX
  • メモリスロット:DDR4-4200×12(6チャネル/最大192GB/ECC Registered/ECC Un-buffered対応)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16形状)×7
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×8、U.2×1
  • LAN:ギガビットLAN×2(Intel i210AT+i219LM)
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(Realtek S1220A)
  • リアインターフェイス:USB3.1 Gen.1×2、USB2.0×4、PS/2×1、ギガビットLAN×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1
  • 外形寸法:386×359mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/

totop