富士通と理研、次世代スーパーコンピュータ“ポスト「京」”の製造を開始

2019.04.15 14:30 更新

2019.04.15 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
富士通株式会社(本社:東京都港区)は2019年4月15日、理化学研究所と共同開発を行ったスーパーコンピュータ「京」の後継機であるポスト「京」の製造開始を発表した。
  • 富士通と理研、次世代スーパーコンピュータ“ポスト「京」”の製造を開始

製造や設置に関する正式契約締結。高性能CPU「A64FX」を搭載

ポスト「京」の製造を開始
http://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/04/15.html

富士通より、次世代スーパーコンピュータポスト「京」の製造開始が発表。富士通と理化学研究所の共同開発により2012年に完成し、今年1月末に共用終了がアナウンスされたスーパーコンピュータ「京」の後継機として、2021年から2022年頃の共用開始を目指している。

2014年10月より理研と共同で行われていた設計は完了し、このほど富士通と理研の間でハードウェアの製造と出荷、設置についての正式契約が締結。富士通におけるコンピュータシステムの基幹工場である株式会社富士通ITプロダクツ(石川県かほく市)にて製造を行い、理化学研究所 計算科学研究センター(兵庫県神戸市)に設置する。

また、ポスト「京」には、富士通が開発した高性能CPU「A64FX」が搭載される。ARM社の「Armv8-A命令セットアーキテクチャ」をスーパーコンピュータ向けに拡張した「SVE」を世界で初採用、汎用性の高さや超並列、超低消費電力、メインフレームクラスの高い信頼性を誇る。理論演算性能は2.7 TFLOPS以上、メモリ容量は4スタックのHBM2 32GB、メモリバンド幅1,024GB/sec。最大ノード数は384ノード。

なお、富士通はポスト「京」の開発ノウハウを活かし、商用スーパーコンピュータを製品化。「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX100」の後継機として、2019年度下期にグローバルで販売予定としている。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
富士通株式会社: http://www.fujitsu.com/jp/
理化学研究所: https://www.r-ccs.riken.jp/jp/

totop