ASRockの高耐久モデル「Steel Legend」からIntel Z390マザーボードが登場

2019.04.12 10:25 更新

2019.04.11 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ASRock Incorporation(本社:台湾)は2019年4月11日(現地時間)、耐久性を追求した「Steel Legend」シリーズに属するIntel Z390マザーボード「Z390 Steel Legend」を発表した。
  • ASRockの高耐久モデル「Steel Legend」からIntel Z390マザーボードが登場
  • ASRockの高耐久モデル「Steel Legend」からIntel Z390マザーボードが登場

冷却性能と扱いやすさにもこだわったIntel Z390マザーボード

ASRockの高耐久マザーボード「Steel Legend」シリーズから、初のIntelプラットフォームモデル「Z390 Steel Legend」がデビュー。

ハイエンドモデルに採用される「Premium 60A Power Chokes」や「Nichicon 12K Black Caps」など、高品質コンポーネントを採用することで、高い安定性とオーバークロック耐性を実現。また「Z390 Steel Legend」では、冷却性能と扱いやすさにもこだわり設計が行われ、電源回路やチップセット、M.2スロットには大型のヒートシンクを標準装備。さらにSATAポートへのアクセス性を高めるため、エッジ部分をカットしたPCBデザインを採用する。

Z390_Steel_Legend_1024x768c

その他、アドレサブルRGBに対応する3pinとRGBに対応する4pinの2種類のLEDピンヘッダや、基板を美しく彩る「Polychrome Sync」イルミネーション、迷彩パターンをプリントしたマットブラックPCB、重量級のグラフィックスカードを安全に支える「PCI-E Steel Slot」などの特徴を持つ。

主なスペックはソケットがLGA1151、電源回路は8フェーズで、CPUは第9/8世代Coreシリーズに対応。チップセットはIntel Z390、メモリスロットはDDR4-4266+×4(最大128GB)、ストレージはSATA3.0(6Gbps)×6、Ultra M.2×2(22110/2280)で、拡張スロットはPCI-Express3.0(x16形状)×2、PCI-Express3.0(x1)×3、M.2 2230×1。

Z390_Steel_Legend_1024x290
  • ソケット:LGA1151
  • チップセット:Intel Z390
  • フォームファクタ:ATX
  • メモリスロット:DDR4-4266+×4(最大128GB)
  • 拡張スロット:PCI-Express3.0(x16形状)×2、PCI-Express3.0(x1)×3、M.2 2230×1
  • ストレージ:SATA3.0(6Gbps)×6、Ultra M.2×2(22110/2280)
  • LAN:ギガビットLAN×1(Intel I219V)
  • サウンド:7.1ch HDオーディオ(Realtek ALC1200)
  • インターフェイス:USB3.2 Gen.2×2(Type-A/Type-C)、USB3.2 Gen.1×2、USB2.0×2、オーディオ端子×5、光オーディオ端子×1、PS/2×1、ギガビットLAN×1、HDMI×1、DisplayPort×1
  • 外形寸法:305×244mm

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
ASRock Incorporation: http://www.asrock.com/

totop