200mm口径のARGBファンをデュアル搭載、Thermaltake「Commander C31 TG ARGB」

2019.04.05 13:00 更新

2019.04.05 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Thermaltake(本社:台湾)国内正規代理店の株式会社アスク(本社:東京都千代田区)は2019年4月5日、アドレサブルRGBファンを標準装備したミドルタワーPCケース「Commander C31 TG ARGB」(型番:CA-1N2-00M1WN-00)について、新規取り扱い開始を発表した。市場想定価格は税抜13,980円前後で、4月12日に発売予定。
  • 200mm口径のARGBファンをデュアル搭載、Thermaltake「Commander C31 TG ARGB」
  • 200mm口径のARGBファンをデュアル搭載、Thermaltake「Commander C31 TG ARGB」

フロント・トップはメッシュ仕様。大型ラジエターの複数搭載にも対応

Commander C31 TG ARGB(型番:CA-1N2-00M1WN-00) 市場想定価格税抜13,980円前後(4月12日発売予定)
https://www.ask-corp.jp/products/thermaltake/middle-pccase/commander-c31-tg-argb.html

フロントに大口径200mmのアドレサブルRGBファンをデュアル搭載する、Thermaltakeのミドルタワー「Commander C31 TG ARGB」が国内向けに発売決定。RGBファンは各マザーボードメーカーのライティング技術とのライティング同期に対応している。

フロント・トップをメッシュ仕様とした高エアフローも特徴。サイドパネルは4mm厚の強化ガラスが採用され、グラフィックスカードの垂直マウントにも対応するなど、魅せ要素も充実している。

Commander_C31_TG_ARGB_1024x768c

冷却ファンは、フロントの200mmアドレサブルRGBファン×2のほか、リアに120mmファン×1を標準装備。水冷ラジエターは、フロント最大360mm、トップ最大280mm、リア120mmをマウントできる。

ドライブベイレイアウトは、3.5インチ/2.5インチ共用ベイ×3、2.5インチベイ×2構成。拡張スロットは7基を備え、最長410mmのグラフィックスカード(リザーバー非搭載時)、全高180mmのCPUクーラーをサポートしている。

Commander_C31_TG_ARGB_1024x768d Commander_C31_TG_ARGB_1024x768e

対応フォームファクタは、ATX/MicroATX/Mini-ITX。フロントI/Oは、USB3.0×2、オーディオ入出力、LEDコントロールスイッチを備える。外形寸法W233×D462×H507mm、重量8.01kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
株式会社アスク: http://www.ask-corp.jp/
Thermaltake: http://www.thermaltake.com/

totop