ソニー、4K動画の本体内録画に対応した回転液晶付き最小・最軽量カメラ「RX0 II」

2019.03.26 14:54 更新

2019.03.26 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
ソニー株式会社(本社:東京都港区)は2019年3月26日、4K動画の本体内記録に対応した可動式ディスプレイ搭載のコンパクトカメラ「RX0 II」を発表した。市場想定価格は税抜85,000円で、4月12日に発売予定。
  • ソニー、4K動画の本体内録画に対応した回転液晶付き最小・最軽量カメラ「RX0 II」
  • ソニー、4K動画の本体内録画に対応した回転液晶付き最小・最軽量カメラ「RX0 II」

処理速度が向上。防水・防塵・耐落下・耐荷重などの堅牢性も備える

RX0 II 市場想定価格税抜85,000円前後(4月12日発売予定)
https://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/201903/19-0326/

ソニーより、サイバーショットシリーズのプレミアムコンパクトカメラ「RX0 II」がリリース。1.0型積層型CMOSセンサーと可動式液晶搭載モデルとしては、世界最小・最軽量の製品となる。3月29日より予約を受け付け、4月12日より発売開始。

「RX0」の後継モデルにあたり、1型積層型CMOSセンサー「Exmor RS」と、従来比約1.8倍高速な画像処理エンジン「BIONZ X」を内蔵。瞳を検出して自動フォーカスする「瞳AF機能」の検出精度・速度、ディスプレイの表示タイムラグ短縮など、スピード性能が向上した。新たに動画撮影時の電子手ぶれ補正にも対応する。

RX0M2_1024x768c

また、4K動画(3,840×2,160ドット)の本体内記録、4K動画のモバイル端末への転送に対応。背面には180°チルトに対応した可動式液晶ディスプレイを備え、自撮りの際に撮影イメージを確認しながら撮影できる。なお自撮りを見据え、最短撮影距離は20cm。

そのほか、「RX0」と同様に水深10mに耐える防水性能、2mの落下耐性、200kgfの耐荷重などの堅牢性を確保。ディスプレイ可動時にも防水・防塵性能を発揮し、雨天や水中、砂埃が多い環境でも撮影できる。外形寸法W59.0×D35.0×H40.5mm、重量約132g。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
ソニー株式会社: http://www.sony.jp/

totop