TDP320W対応のツインタワーサイドフロー、Thermalright「Silver Arrow IB-E Extreme Rev. B」

2019.03.25 12:50 更新

2019.03.22 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Thermalright(本社:台湾)は2019年3月22日(現地時間)、ツインタワーヒートシンクとデュアルファンを搭載する、ハイエンドサイドフローCPUクーラー「Silver Arrow IB-E Extreme Rev. B」を発表した。
  • TDP320W対応のツインタワーサイドフロー、Thermalright「Silver Arrow IB-E Extreme Rev. B」
  • TDP320W対応のツインタワーサイドフロー、Thermalright「Silver Arrow IB-E Extreme Rev. B」

空冷クーラーでは最高レベルの冷却性能を実現

ツインタワー設計のヒートシンクと、デュアルファンを搭載するハイエンドサイドフローCPUクーラーがThermalrightから。

「Silver Arrow IB-E Extreme」の後継モデルにあたる製品で、ニッケルメッキを施したC1100純銅製のベースプレートにはφ6mm×8本のヒートパイプを搭載。ヒートシンクのサイズはW103×L155×H163mm、フィンの厚さは0.4mm、間隔は2mm、フィン枚数は45枚。なおヒートシンクの重量は従来モデルの750gから850gへと100g重くなっている。

SAIB-E_revb_1024x768f SAIB-E_revb_1024x768e

また冷却ファンにはL152×W140×H26.5mm(重量160g)の「TY-143」を採用。軸受は耐久性に優れるデュアルボールベアリングを搭載し、回転数は600~2,500rpm、ノイズレベルは21~45dBA、静圧は0.32~3.00mmH2O、風量は31.4~130CFM。

SAIB-E_revb_1024x768c

対応プラットフォームは、Intel LGA775/115x/1366/2011/2011-3/2066、AMD Socket AM4で、TDPは320Wまで対応する。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Thermalright: http://www.thermalright.com/

totop