MSI、簡易水冷標準のOCモデル「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」国内市場へ投入

2019.03.20 12:00 更新

2019.03.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI/本社:台湾)は2019年3月20日、簡易水冷を備えたNVIDIA GeForce RTX 2080搭載オーバークロックモデル「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」について、国内市場での新規取り扱い開始を発表した。
  • MSI、簡易水冷標準のOCモデル「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」国内市場へ投入
  • MSI、簡易水冷標準のOCモデル「GeForce RTX 2080 SEA HAWK X」国内市場へ投入

簡易水冷で最大ブーストクロック1,840MHz駆動も安定動作

GeForce RTX 2080 SEA HAWK X 市場想定売価税抜119,800円(3月21日発売)
https://jp.msi.com/Graphics-card/GeForce-RTX-2080-SEA-HAWK-X

120mmサイズラジエターを備えた、簡易水冷標準装備のNVIDIA GeForce RTX 2080搭載グラフィックスカード。グローバルリリースでは既に発表済みの製品で、国内市場向けの追加ラインナップという位置付け。

120mmトルクスファンを備えた、アルミニウム製ラジエターと、銅製マイクロフィンベースのポンプで構成。最大ブーストクロック1,840MHz駆動に対応し、安定した動作を実現する。なお基板上にも冷却ファンを備え、メモリおよび電源回路の冷却を担う。

なお、お馴染みの独自ユーティリティ「Afterburner」最新版では、RTX 20シリーズ用のOCスキャナを搭載。安定したオーバークロックを試す事ができる。

主なスペックは、コアベースクロックが1,515MHz、ブーストクロックが1,860MHz、メモリクロックが7,000MHz相当、メモリバス幅は256bitで、GDDR6 8GBのビデオメモリを搭載。補助電源コネクタは8+6pinで、出力インターフェイスはDisplayPort1.4×3、HDMI2.0b×1、USB Type-C×1となり、最大ディスプレイ出力数は4。

外形寸法はカード本体が268x114x41mm、ラジエター部が154x120x52mm、重量1,370g。

2080sea_1024x368

文: エルミタージュ秋葉原編集部 松枝 清顕
Micro-Star Int'l Co.,Ltd.(MSI): https://www.msi.com/

totop