高冷却ヒートシンク搭載のゲーマー向けNVMe SSD、ADATA「XPG GAMMIX S11 Pro」発売

2019.03.20 12:50 更新

2019.03.20 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
エイデータテクノロジージャパン株式会社(本社:東京都千代田区)は2019年3月20日、高冷却ヒートシンクを搭載するNVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S11 Pro」シリーズについて、国内市場向け取り扱い開始を発表した。容量は256GB、512GB、1TBの3モデルで、3月22日より発売が開始される。
  • 高冷却ヒートシンク搭載のゲーマー向けNVMe SSD、ADATA「XPG GAMMIX S11 Pro」発売
  • 高冷却ヒートシンク搭載のゲーマー向けNVMe SSD、ADATA「XPG GAMMIX S11 Pro」発売

温度を最大10℃下げるオリジナルヒートシンク搭載

XPG GAMMIX S11 Pro(3月22日発売)
AGAMMIXS11P-256GT-C 市場想定売価税込9,480円前後
AGAMMIXS11P-512GT-C 市場想定売価税込17,580円前後
AGAMMIXS11P-1TT-C 市場想定売価税込34,280円前後
http://www.xpg.com/jp/newslist/1/2019/1/1766/
http://www.xpg.com/jp/feature/596

グローバルリリースで既報。ADATAのゲーマー向けブランド「XPG」の新型NVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S11 Pro」の国内発売が3月22日より開始される。

基板表面には、温度を最大10℃下げることができるオリジナルヒートシンクを標準装備。高負荷状態が続くゲームプレイでも性能低下を抑え、常に安定したパフォーマンスを発揮することができる。

またDRAMキャッシュとSLCキャッシュの2つのキャッシュを組み合わせることで、シーケンシャル読込最大3,500MB/sec、書込最大3,000MB/sec、ランダム読込最大390,000 IOPS、書込最大380,000 IOPSの高速アクセスを可能にした。

NANDフラッシュは3D TLC、インターフェイスはPCI-Express3.0(x4)/NVMe 1.3で、データの整合性を維持する「LDPC」や「エンドツーエンドデータ保護」機能を搭載。本体サイズはW22×D80×H6.1mm、重量11g。書込耐性は256GBが160TBW、512GBが320TBW、1TBが640TBW、MTBFは200万時間で、製品保証は5年間。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
エイデータテクノロジージャパン株式会社: http://jp.adata.com/

totop