Aerocool、RGB LED&ガラスパネル搭載の「Playa」など低コストなRGBケース4モデル

2019.03.19 13:00 更新

2019.03.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Aerocool Advanced Technologies Corp.(本社:台湾)は2019年3月18日(現地時間)、RGB LEDを内蔵した「Playa」「Tor」など、ミドルタワーPCケース4モデルを発表した。

お手頃価格で魅せるマシンが構築できるRGBイルミ標準装備のミドルタワー

Aerocoolより、ミドルタワーケースの新製品4モデルがリリース。いずれもRGB LEDストリップを内蔵するほか、サイドパネルには強化ガラスまたはアクリルパネルが採用された魅せるデザインになっている。なお、市場想定価格は100ドル以下。

Playa_800x600b Tor_800x600b

「Playa」は、フロントフェイスにRGB LEDを内蔵したモデル。MicroATX対応の「Playa Slim」とデザインコンセプトは共通ながら、フロントの一部にも強化ガラスを採用し内蔵ファンを露出させるなど、魅せ要素が大幅に強化されている。

冷却ファンは最大6基、水冷ラジエターはフロント・トップにそれぞれ最大360mm/最大280mmサイズをサポート。最長376mmのグラフィックスカード、全高159mmのCPUクーラーを組み込める。外形寸法はW211×D432×H480mm、重量5.76kg。

「Tor」は、スクエアLEDを搭載したアドレサブルRGBファン2基を標準装備したモデル。「Tor Pro」をより小型化した派生モデルにあたり、電源カバー側面にもRGB LEDストリップが内蔵されている。

冷却ファンは最大6基、水冷ラジエターはフロントに最大280mmサイズをマウント可能。最長370mmのグラフィックスカード、全高164mmのCPUクーラーに対応する。外形寸法はW218×D430×H445mm、重量7.1kg。

Bolt_800x600 Shard_800x600
Bolt Shard

「Bolt」は、鋭角に切り込んだRGB LEDストリップをフロントに備えたモデル。カーボンファイバー風フェイスは、内蔵LEDの光が拡散するよう形状が工夫されている。なお、サイドにはアクリルパネルを採用した。

冷却ファンは最大6基をサポート、水冷ラジエターはフロントが最大240mmサイズに対応。グラフィックスカードは最長355mm、CPUクーラーは全高155mmまで組み込める。外形寸法はW194×D410×H444mm、重量3.38kg。

「Shard」は、フロント斜めに走るRGB LEDを内蔵したモデル。こちらもサイドにはアクリルパネルが採用されている。

冷却ファンは最大6基、水冷ラジエターはフロント最大240mmサイズをサポート。グラフィックスカードは最長355mm、CPUクーラーは全高155mmに対応する。外形寸法W194×D423.5×H444mm、重量3.37kg。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
Aerocool Advanced Technologies: http://www.aerocool.com.tw/

totop