NVIDIA、手のひらサイズで472 GFLOPS演算のAIボード「Jetson Nano」を99ドルで発売

2019.03.19 12:01 更新

2019.03.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
NVIDIA Corporation(本社:アメリカ・カリフォルニア州)は2019年3月18日(現地時間)、472 GFLOPSの演算性能をもつ手のひらサイズのAIコンピューターボード「Jetson Nano」を発表した。市場想定価格は99ドルから。
  • NVIDIA、手のひらサイズで472 GFLOPS演算のAIボード「Jetson Nano」を99ドルで発売
  • NVIDIA、手のひらサイズで472 GFLOPS演算のAIボード「Jetson Nano」を99ドルで発売

ARMコアとMaxwell GPUを内蔵した超小型AIコンピューターボード

NVIDIA Announces Jetson Nano: $99 Tiny, Yet Mighty NVIDIA CUDA-X AI Computer That Runs All AI Models
https://nvidianews.nvidia.com/news/nvidia-announces-jetson-nano-99-tiny-yet-mighty-nvidia-cuda-x-ai-computer-that-runs-all-ai-models

NVIDIAの技術カンファレンス「GPU Technology Conference 2019(GTC 2019)」にて、AIコンピューターボードの最新モデル「Jetson Nano」が発表。99ドルの開発者キットが発売されており、6月には量産製品への実装が可能な129ドルのモジュールが提供される。

jetson-nano_900x675

従来型のJetsonから手のひらサイズまで小型化。接続した各種高解像度センサーの並行処理、主要なAIフレームワークに対応する。CPUはクアッドコアのARM A57、GPUはコア128基のMaxwell、LPDDR4 4GBメモリを実装。472 GFLOPSの演算性能を発揮する。

そのほか、MIPI CSI-2 DPHYレーンを利用したカメラ接続に対応、AI推論による画像認識などに活用可能。カメラは開発者キットで1台、モジュールでは最大12台を接続できる。

OSはLinux for Tegraに対応し、従来のJetson向けプログラムをそのまま転用可能。外形寸法は開発者キットが100×80mm、モジュールは70×45mm。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 絵踏 一
NVIDIA Corporation: https://www.nvidia.com/ja-jp/

totop