Cooler Masterの新フラッグシップフルタワーPCケース「COSMOS C700M」22日発売

2019.03.19 12:00 更新

2019.03.18 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • hatena
  • pocket
Cooler Master Technology(本社:台湾)は2019年3月18日、フラッグシップフルタワーPCケース「COSMOS C700M」(型番:MCC-C700M-MG5N-S00)について、国内市場向け取り扱い開始を発表した。市場想定売価は税抜53,800円で、3月22日より発売が開始される。
  • Cooler Masterの新フラッグシップフルタワーPCケース「COSMOS C700M」22日発売
  • Cooler Masterの新フラッグシップフルタワーPCケース「COSMOS C700M」22日発売

アドレサブルRGB機能を追加したフラッグシップモデル

COSMOS C700M(型番:MCC-C700M-MG5N-S00) 市場想定売価税抜53,800円(3月22日発売)
https://apac.coolermaster.com/jp/company/newsDetail-jp19031800043c2f-20190318.html
https://apac.coolermaster.com/jp/case/full-tower/cosmos-c700m/

「COMPUTEX TAIPEI 2018」「東京ゲームショウ2018」のブースレポートでも紹介した、Cooler Masterの新フラッグシップフルタワーPCケース「COSMOS C700M」の国内発売が決定した。

COSMOS_C700M_1024x768c

「COSMOS C700P」の後継モデルにあたる製品で、リアトップからフロント下部にわたるLEDラインがアドレサブルRGBに対応。さらに「Mポート」と呼ばれる専用のモジュール機構と、400mmのライザーケーブルが標準で付属し、グラフィックスカードを0~90°の角度で自由に固定できるようになった。

COSMOS_C700M_1024x768d

その他、従来型の「コンベンショナル」、煙突効果を利用する「チムニー」、上下を逆さまにした「インバース」の3種類のマザーボードレイアウトや、アルミニウムを使用したハンドルや脚、ヘアライン加工のアルミニウムパネル、曲面デザインの強化ガラスサイドパネルなどは従来通り踏襲されている。

ドライブベイは5.25インチベイ×1、2.5/3.5インチシャドウベイ4+1、2.5インチドライブベイ×1、冷却ファンはトップ120/140mm×3、フロント120/140mm×3(140mm×3標準)、リア120/140mm×1(140mmファン標準)、ボトム120/140mm×2(ブラケット使用)。拡張スロットは8段で、グラフィックスカードは最長490mm、CPUクーラー最高198mmまでサポートする。

COSMOS_C700M_1024x768e COSMOS_C700M_1024x768f

本体サイズはW306×D650×H651mm、対応フォームファクタはE-ATX(12×10.7インチ)、ATX、MicroATX、Mini-ITX、I/OポートはUSB3.1 Type-C×1、USB3.0 Type-A×4、3.5mmヘッドセットジャック×1、3.5mmマイクジャック×1、ファンコントロールボタン、ARGBコントロールボタンを備えた。

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
Cooler Master Technology: http://apac.coolermaster.com/jp/

totop