GIGABYTE、3連ファンクーラー「WINDFORCE 3X」モデルなどGeForce GTX 1660計2機種

2019.03.14 22:01 更新

2019.03.14 配信

  • rss
  • Twitter
  • Facebook
  • google+
  • hatena
  • pocket
GIGABYTE TECHNOLOGY(本社:台湾)国内正規代理店のCFD販売株式会社(本社:愛知県名古屋市名古屋市)は2018年3月14日、GeForce GTX 1660を搭載する「GV-N1660GAMING OC-6GD」「GV-N1660OC-6GD」について、新規取り扱い開始を発表した。いずれも3月中旬より発売が開始され、市場想定売価は税抜31,980円前後と税抜30,980円前後。
  • GIGABYTE、3連ファンクーラー「WINDFORCE 3X」モデルなどGeForce GTX 1660計2機種
  • GIGABYTE、3連ファンクーラー「WINDFORCE 3X」モデルなどGeForce GTX 1660計2機種

80mmファンを3基搭載した大型クーラー「WINDFORCE 3X」搭載

GV-N1660GAMING OC-6GD 市場想定売価税抜31,980円前後(3月中旬発売)
https://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/nvidia-graphics/gv-n1660gaming_oc-6gd/release/
GV-N1660OC-6GD 市場想定売価税抜30,980円前後(3月中旬発売)
https://www.cfd.co.jp/product/graphics_bord/nvidia-graphics/gv-n1660oc-6gd/release/

GIGABYTEからもNVIDIAの新ミドルレンジGPU、GeForce GTX 1660を搭載するグラフィックスカードが登場、3月中旬より発売が開始される。

製品ラインナップは、80mmファンを3基搭載した大型クーラー「WINDFORCE 3X」を採用し、コアブーストクロックを1,860MHzに引き上げた上位モデル「GV-N1660GAMING OC-6GD」と、90mmファンを2基搭載した「WINDFORCE 2X」クーラーを採用し、コアブーストクロック1,830MHzの下位モデル「GV-N1660OC-6GD」の2モデル展開。

その他スペックは共通で、メモリクロック8,002MHz、メモリバス幅192bitで、GDDR5 6GBのビデオメモリを実装。バスインターフェイスはPCI-Express3.0(x16)で、出力インターフェイスはDisplayPort×3、HDMI×1の4系統を搭載する。

  • GPU:GeForce GTX 1660
  • CUDA数:1,408基
  • コアブーストクロック:1,860MHz/1,830MHz
  • メモリクロック:8,002MHz
  • ビデオメモリ:GDDR5 6GB
  • メモリバス幅:192bit
  • 出力インターフェイス:DisplayPort×3、HDMI×1
  • VGAクーラー:WINDFORCE 3X/WINDFORCE 2X
  • バスインターフェイス:PCI-Express3.0(x16)
  • 補助電源:不明

文: エルミタージュ秋葉原編集部 池西 樹
GIGABYTE TECHNOLOGY: http://www.gigabyte.com/
CFD販売株式会社: http://www.cfd.co.jp/

totop